« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

今年も木・金は高校勤務

新学期3日目。は~、さすがに長い休み明けの仕事は辛いです。ちらっと今日の日記のみ。
今年も昨年同様、木・金はBlackwood高校に行くことになりました。
今朝6週間ぶりに高校に行くのはかなり憂鬱でした。週2回だけの勤務であまり仲のいい先生がいないのも憂鬱な原因でした。(なんだかんだ言ってもこんな異国の地でオーストラリア人ばかりの職場で働くのっていろいろ辛いです…)
それが、出勤してみると、なんと!昨年のMarryatville高校で一緒だったAtsumiちゃんが今年はBlackwoodで教えることになったとのこと。Officeの机もすぐそばで、今日は久しぶりに会ってたくさんおしゃべりしました。
Atsumiちゃんがいてくれると心強いです。高校勤務の憂鬱も一気に解消!
「5週間だけだから頑張って乗り切ろう」と思っていたのが、逆に「5週間しか一緒に働けないのか」と残念になったほど…というわけで今日はちょっとHappyな一日でした。


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

2008年1月30日 (水)

新学期二日目

昨年同様、水曜日はBlackwood小学校勤務となりました。
年度始めの授業なので、毎時間、新しいノートの表紙を作らせるだけの一日でした。
今日も、日本とオーストラリアの小学校の違いを一つ。
学校で使うノートは、全て学校から支給されます。(もちろん学費の中に含まれて支払っているのですが…) そして、保管も学校でします。(日本語のノートの場合、日本語教室に保管し、自分のクラスの教室にすら持ち帰りません。) ノートを使う宿題なども出しません。低学年の間は文房具もすべて学校のものを使います。教材は教師が用意するプリント類だけで教科書はありません。今までにブログでJunの鞄の中がいつもランチとリセス(休憩時間用のお菓子)とドリンク(飲み物)だけだと書いているのは、こういう訳です。
日本では年度始めって教材・教具の準備がたいへんですよね。何もかも全て自分持ちですから。教科書・ノートから鉛筆の一本一本、絵の具箱の絵の具一つ一つ、算数セットのこまごましたもの一つ一つ、とにかく学校で使ういろいろなものに名前を書いて忘れ物がないように準備するのは親にとってたいへんな作業ですよね。雑巾まで縫ったり…それが、こちらでは何もしなくていいのです。昨日も朝になって、空っぽのJunの鞄を見て「本当にこんなんでいいのかしら…」と不安に思いながら登校させましたから…こちらの学校教育って親への負担も日本よりはるかに軽いように思います。ありがたいけれど、二年間こんなのに慣れてしまって、帰国後は大変でしょうね。
さて残りの勤務のことですが、6週目は一週間Belair小学校で過ごしたいなと思ったので、5週目まで勤めることを日本語教師のPauleneに伝えました。
来週は、学校行事の関係で授業がほとんどないとのことで行かないことになりました。
ということは、Blackwood小学校に勤めるのは残り3日だけです。
うわぁ、いよいよ秒読み段階に入ったって感じです。悔いの残らないように、自分のできる最大限のことをやろうと思います。


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

2008年1月29日 (火)

第一学期初日

学校が始まりました。新年度新学期です。今日はBelair小学校勤務の日です。
毎度ながら、入学式も始業式もありません。今日からいきなり平常授業です。
私は残り6週間ほどしかないので、自分で各教室を回っての授業はもうせずに、日本語教室でVirginiaとティームティーチングをすることになりました。(精神的負担はかなり減りました♡)
日本語教室も休暇中にVirginiaが掲示物を変えたり、スマートボードが入ってからホワイトボードを小さなものに変えたり、壁のペンキを塗ったり、机の配置を変えたり…と雰囲気がかなり変わりました。心機一転、いい感じです。
私がお見せしたいのは、これ!
Hiragana_chart
先学期最終週、授業がなくて少し暇だったときに作ったひらがな表。





大きな文字で見やすくて、余計な情報は省いたシンプルで分かりやすいもの、それでいて日本語が子音と母音の組み合わせから成っていることを明確に示したもの、と考えて作りました。
パソコンで文字を大きく打ち出して大判画用紙に切り張りしたのですが、我ながらなかなかの自信作です。
って「ただのあいうえお表じゃん。」とつっこまれそうですけど、こういうシンプルなもの、これだけの大きさのものって作らないとないんですよ。(やっぱり自己満足かもしれませんが…)

さて、生徒たちも新しいクラス編成でフレッシュです。
そうそう、日本の小学校との違いを一つ発見。
こちらの教師はめったに担任する学年を変わらないそうです。「3年生の担任をしている先生は毎年同じ教室で3年生を担任する」という風に。各教師の専門性を高めるためだそうです。今日の新しい時間割を見ても、新しい先生以外は全員昨年と同じ教室で同じ学年の新しいクラスを担任しています。
日本は逆に持ち上がり制で生徒と一緒に担当する学年を上がっていくことが多いですよね。低学年と高学年を大幅に動いたり…専門性よりも学校の中のどんな仕事でも出来るフレキシビリティを高めるって感じかな…。
どちらもそれなりにメリット・デメリットがあって、どちらの方がどうという意見は私にはありませんが…(私自身は高校教師なのであまり実感がないというのが本音です。ブログを読んでくださった日本の小学校の先生方ならきっと何らかの意見をお持ちでしょうが…)

最後に、Junのことも少し…
今日から2年生になりました。新しいクラス、新しい先生、新しいクラスメートです。こちらの学校は1・2年生合併でクラスを作ってあり、なぜかJunは昨年のクラスメートの中で仲良かったのは2年生の子ばかりでした。(バースデーパーティーに招待したのも1年生は一人だけ、あとは全員2年生でした。) つまり、今年Junの仲良しは皆3年生に進級してしまった訳で、今日の休み時間には結局新3年生の昨年のお友達と集まって遊んでいました。
放課後「新しいクラスはどうだった?」と聞くと、それなりに楽しく過ごしたような返事でした。ま、Junもわずか6週間だけのことなので、昨年のお友達にしろ新しいクラスメートにしろ仲良く楽しく過ごしてくれれば、と願っています。


Banner21_4 ←応援クリックよろしく!




| | コメント (0)

2008年1月28日 (月)

またしても真っ赤な石鹸

いや~、またしても真っ赤な石鹸を作ってしまいました。
前回の失敗とはまた違うんですけどね…
こんなのです。
Transparent_red_soap前回のドピンク石鹸で作った小さなシェルやハート型を埋め込むために、初めて透明石鹸にチャレンジ。
私としては同系色でうす~いピンク色にしたかったのですが、それがこんなまっ赤っ赤になってしまいました。( ̄▽ ̄;)!!ガーン


私とて二回も同じ失敗はしませんよ。
透明石鹸の生地そのものがかなり濃いオレンジ色だったんですね。着色料は、注意を払ってスプーンに少量垂らして、それを生地に混ぜたんですけど、その少量でこの色ですよ…ハ、ハ、ハ…
薄く切って明るいところで透かして見れば、こんな感じなんですけどね。。。
Transparent_red_soap_2










ちょっとは洒落た感じに見えるかしら…私が思い描いてたものとは、かなり違いますが…オージーの喜びそうなゼリー色だから、喜んでもらってくれる人もいるかしら…

透明石鹸自体は、初めてにしては成功かな、ちゃんと透明に出来ましたから。
前田京子さんの「石鹸のレシピ絵本」のレシピで作ったんですけど、思ったほど難しくなかったし、作っていて面白かったです。それに切るときの感触もヌルッと何だかいい感じだし、切った石鹸を見ているだけでもクリスタルで楽しい。
透明石鹸、ハマっちゃいそうです。                石けんのレシピ絵本
もっと無色に近い薄い色のが作りたくてネットでいろいろ探したけど、日本ではこの前田京子さんのレシピ以外は一般に出回ってないみたいですね。それで速攻こちらのネットで英語の本を買ってしまいました。
本が届いたら、作り方やオイルの配合などいろいろ研究して、最近放ったらかしのレシピブログにでもいずれはアップしたいなーなどと考えているのですが。。。
あ~明日からいよいよ仕事開始です。石鹸なんか作ってる場合じゃないです。。。
いつまで続くんだろうと思うほど長かった休暇も、終ってしまうとやっぱり悲しい。。。
う~、今日の夕方あたりから完璧サザエさん症候群。。。とってもブルーですぅ。。。(でも今日の午後はちゃんとねずみ年の教材つくったんですよ~)
たぶんWeek6くらいまでの勤務になると思うのですが、この中途半端さがまた憂鬱。。。はぁー×××とタメイキばかりついてしまう今日このごろ×××
しゃ~ないな~、がんばるしかないか…


Banner21_4 ←かなりブルーなMumに、励ましのクリックを!

| | コメント (0)

2008年1月27日 (日)

再び Port Adelaide へ

ポートアデレードへ初めて行ってきたのは5日前。
そして、今日また行ってきました。
毎週日曜日に開かれるというマーケット。場所も分かったし、明日は休日(オーストラリア・デーの振替)でゆっくりできるので、今日のうちに出かけてみることにしました。
Portadelaide_market_1
入り口にて。
5日前に来た灯台のすぐ隣りの建物です。




中に入ると、今までにいろいろなところで見たマーケットとごく同じような雰囲気でした。
Portadelaide_market_2
2階から眺めた様子。
中央が吹き抜けになった二階建ての建物の中は、所狭しとぎっしり店が並んでいます。


Portadelaide_market_3
しかし、よくもまぁ、こんな古臭いものばかり集めて売ってるな~。ほとんどがガラクタ、ろくなものがありません。でもね、たまに掘り出し物でおしゃれな食器とかアンチックな調理器具なんて見つかるんです。毎回、内心「こういうマーケット、あんまり好きじゃないワ~」と思いながら、見ているうちにハマってしまう、不思議な魅力がありますね。
結局、今日欲しいと思ったのはもろそうなガラスや陶器の食器類。帰国前なのであきらめて、何も買わずじまいです。
「これが2年前なら、きっと買ったのにな~」なんて考えてばかりいました。(無駄遣いせずに済んだので、よしとしよう…)


Banner21_4 ←応援クリック、よろしく♡

| | コメント (0)

2008年1月26日 (土)

石鹸ラボ

先日の真っ赤な石鹸のリベンジしました。
今回は、着色料を少しずつそろーっと垂らして、きれいな薄いピンク色になりました♡
いや~、石鹸作り熱、再発。楽しいです。
我が家のキッチンはすっかり石鹸ラボと化しております。Soap_labo_2
石鹸を作るとね。着香のエッセンシャルオイルで、数日間は家中にアロマの香りがたちこめるんですよ。外出から帰ってきて玄関に入った瞬間、ふわ~っといい香りがして。
写真右側の濃いピンクの石鹸が、先日の失敗作。でも思ったほど真っ赤でもなく、アレンジすれば使えそう。チョコレートモールドで小さなハートやシェル型にもしてみました。このままでは小さすぎるので他の石鹸に埋め込むつもりです。
材料をあまり残したくないし、残りの日々、どんどん作っていきますよ~。


Banner21_4 ←応援クリック、よろしく!

| | コメント (0)

2008年1月25日 (金)

黒いトマト

今日、スーパーで買物をしていると、こんなトマトを発見。
Black_cherry_tomato
室内で見るとかなり黒いです。最初アメリカンチェリーかと思ったけど、表示を見るとBlack Cherry Tomatoes、やっぱりトマトでした。


Junに「買ってみようか?」と聞いても、「美味しくなさそう~」の返事。
じゃぁ、買うのやめとこ…と思ったのですが、もうすぐ帰国。今食べなければ、一生食べられないかも、一生後悔するかも…(←おおげさな…)
と思い直し、買ってみました。Black_cherry_tomato2
明るいところでよく見ると、普通の赤いトマトに緑色の繊維の色がまざって黒く見えるようです。
お味の方は…普通のトマトより実がしっかり固い。でも甘くて美味しいです。家に普通のプチトマトが残っていたので食べ比べてみましたが、やっぱり普通のトマトの方がすっぱい。それに皮が固くて口の中に残る感じでしたが、黒いトマトはそんなこともありませんでした。
黒いトマト、見た目はあまりよくないけれど、味は普通のよりいい、と分かりました。
でもね~、プチトマトっていろどりの食材ですよね~、サラダの飾りにこのトマトの色はちょっとね~


Banner21_4 ←応援クリックよろしく!

| | コメント (0)

旅行記12/25「いよいよタスマニアへ」アップしました

旅行記12/25「いよいよタスマニアへ」アップしました。
また仕事も始まるし、なかなか先に進みませんが、ぼちぼち書いていきますのでどうぞよろしく。


Banner21_4 ←応援クリック、よろしく♡

| | コメント (0)

2008年1月24日 (木)

初出勤

今日は、全職員顔合わせのミーティング、初出勤してきました。
朝8:30集合。といっても職員室にお菓子がたくさん並べられてあり、まずはティータイム…いいですね、こういうの。日本の職場には絶対ない。
9:00から全員図書室に移動して本格的なミーティング開始。
新校長、新教頭、その他新しく赴任する職員が順番に挨拶。
あとは予算関係、その他もろもろの連絡事項で一時間ほど経過。
さて、リセスまで残りの一時間何をするのかしら、と思ったら、新校長、新教頭がリーダーになり、みんなで楽しくゲームでした。o(@.@)o ナンジャコリャ!!Dont_laugh_2
まずは名前のスペルから新しい名前を作るというお遊び。→
これによると私の新しい名前は Cheesey Dippinhead
音の響きが面白いのか、みんなバカウケ。何人かの先生が自己紹介するたびに大爆笑でした。(よーわからん…)
その後は、みんな立ち上がって、いろいろなルールによってパートナーを見つけ、自分が今までに一番恥ずかしかったこと、出会ったことのある有名人、など語り合うというもの。(日本でも初任者研修などで使うようなゲームと思うけど。)
リセスの後は、各学年のミーティングで午後は各自で新学期の準備、という一日でした。
ま、私の言いたいことは、日本の学校の年度当初の職員会議とは、雰囲気が全然違ってたってこと。日本じゃゲームはしませんよね。会議の内容とか、似ている部分もあって、でも違うところもあって、面白いですね。
(お国が違うんだから当たり前といえば当たり前ですが…)


Banner21_4 ←応援クリック、よろしく♡

| | コメント (0)

2008年1月23日 (水)

大失敗の真っ赤な石鹸

久しぶり(というかアデレードに来て初めて)石鹸を作りました。
お世話になった人たちへのお別れに手作りの石鹸でもプレゼントしようかしら、と思い立ったのです。
材料はナチュラル&アロマの国オーストラリアのもの、で日本人の私が作る何か日本らしいものは…と考えて、「さくらの花」をなんらかの形でモチーフにしようと思いました。Red_soap_3 石鹸作りにおいて二つの文化を融合させようという壮大な試みです。(←どこがじゃ?)
まだはっきりとした案は立ってないのですが、まずは前田京子さんのレシピ本の「桜吹雪」。余裕があれば、さらに手の込んだものを作ってみようかと思っています。
とりあえず花びらになる淡いピンク色の石鹸を作ろうと思いました。
ブランクはあるもののソーパー歴7年の私、前田京子さんレシピを参考にしながら、自分なりにアレンジを加えて作っていました。(というと聞こえはいいけど、かなり「いい加減」ってこと…)
生地が出来て、さて着色です。
レシピではパプリカパウダーを使ってあります。でもパプリカは少し粒子が粗いし、すり鉢などないし、淡ーい色がつけばいいだけなので人工食用色素を数滴垂らしてみることにしました。Red_soap_2
さてこの色素が、日本のバニラエッセンスの瓶と同じような大きさ、形。
日本のエッセンスの瓶って、口のところにプラスチックのドロッパーがついていて、一滴ずつ垂らせるようになってますよね。
この色素もそうだと思い込んで、まず一滴だけ垂らしてみるつもりでふたを取って、パッと瓶をまっさかさまに一振り…
その瞬間、目が点に…щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!
クリーム色の石鹸地の中にどーっと赤い液体が流れ込みました。ぎょえ~Red_soap
もうどうすることもできません。
えーい!! 混ぜると真っ赤に近いドピンクになりました。
トホホ…とても桜の花びらなどに使えそうにありません。
それも人工色素…ナチュラルが売りの手作り石鹸なのに最悪…
は~、うきうき気分で石鹸作りを楽しんでいたのに、一気にへこんじゃいました。。。
まぁ、こんな色の石鹸、自分では絶対に作らないだろうし、調合を間違えたとかで使い物にならないって訳でもないから切ったり型抜きして他の石鹸作りに使えるか、ここは美的センスの発揮しどころだなー、と自分をなぐさめております。

しかし、実はこれに似た失敗は、今までにもあったんですよね~Dressing
大雑把な国オーストラリア、いろいろな調味料の瓶の口に日本みたいな親切な垂れ口などついていないことが多いです。
サラダのドレッシングをドッとかけすぎちゃうことなんて、しょっちゅうですから。。。
何事につけ、心遣いが細やかで繊細な日本にもうすぐ帰れるのはちょっと嬉しいかも…


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

2008年1月22日 (火)

Port Adelaide

久しぶりにMaryと連絡を取り、一緒にポートアデレードに行きました。
アデレードではちょっとした観光名所の古い港町ですが、今まで一度も行ったことがなくて一Portadelaide_lighthouse_2度行ってみたかったのです。

まずは町のシンボルともいえる灯台に登りました。
大人$2、小人$1 これくらいならまぁいいけど…


灯台の上から眺めた、町側の景色…
Portadelaide_lighthouse_2_3   




雲一つない快晴、でも気温は27℃くらいで涼しくていい気候です。

海側…
Portadelaide_lighthouse_3
橋の真ん中の部分は大きな船が通る時に開く開橋だそうです。


 



そしてすぐ北側の広場には、Junにとって一番の目玉DINOSTORY、砂で作った恐竜の展示イベント開催中。入場する前に上から全体を眺めることができました。
Portadelaide_dinostory_8_3  
 





Portadelaide_dinostory_2
Sand Sculpting DINOSTORY
大人$9.50、小人$6.50 けっこうするなぁ…Maryは入りませんでした。。。

Portadelaide_dinostory_9_2

もろい砂を固めて作った巨大な恐竜はなかなか見ごたえありました。
Junは必死で写真ばかり撮ってました。さすが恐竜大好きだけあって、私のよりいい写真がたくさんありました。

Portadelaide_dinostory_5

自分で砂の彫刻をつくるワークショップもありました。これはタダでよかったわ、と思いきや…

Portadelaide_dinostory_6

すぐ隣りで化石発掘のコーナー。こちらは$4取られました。係員が適当に埋めたプラスチックの小さな恐竜のおもちゃを掘り当てるだけ…意外とJunは喜んでましたが…


カフェでお茶したあとは、The Seahorse Farm(タツノオトシゴ博物館)へ。
Portadelaide_seahorsefarm
館内は写真撮影禁止だったので、入り口前の写真のみ。しかし、またしても入るのに$16。

中では、いろいろな種類のタツノオトシゴが見れた他に、DVDでタツノオトシゴの生態などについて見せてくれたり、小さなサメの赤ん坊に触らせてくれたり、結構面白かったです。タツノオトシゴなんて全く興味なかったけれど、とてもキレイなのやかわいいのがいて、生態も面白くてなかなか魅力的な生き物だと思いました。
しかし、おみやげ売り場で、またもや$14の出費。
 Portadelaide
19世紀の建物がたくさん残っている街並みも面白い。なんでも、昔は環境の悪い沼地だったのを埋め立てて町を興したとか。
写真の赤矢印の部分、町のあちこちで見られるんですけど、何だか分かりますか?
昔は一階の入り口だった部分がこんなに地面の下に埋まってしまっているのです。こういう歴史の足跡を見るのも面白いですね。(Maryに教えてもらわなければ気付かなかったけど…)

ポートアデレード、初めて来たけれどいろいろ楽しめる場所だと分かりました。
あと2ヵ月の間に来れるかどうか分かりませんが、他に日曜のマーケットやドルフィンウォッチングクルーズも有名だし、海事博物館や鉄道博物館もあります。
しかし、何をするにもけっこうな料金取られるのが痛い…
  


Banner21_4 ←応援クリック、よろしく♡

| | コメント (0)

2008年1月21日 (月)

新学期一週間前

もう1ヵ月近く経ってしまったけれど、旅行記、12/24「メルボルンで一日」アップしたのでよろしく。

今日、Junの学費を払いに、1ヵ月ぶりにBelair小学校に行ってきました。
休暇中だから事務室以外は閑散としてるだろうと思っていたら、駐車場には職員の車が一杯。
支払いのとき、出納係りの人に「他の先生の車がたくさんあったけど、みんな何してるの?」と尋ねると、新学期に向けて、それぞれ自分の教室の準備などしているとのこと。
あら~、オーストラリア人は休暇中は仕事しないなんて、誰が言ったんでしょうね~。仕事熱心な方もたくさんいらっしゃる!
通りがかった先生に「Hi! Hidemi! Welcome back to school!」なんて声をかけてもらって、嬉しかったです。ここ2週間ほど家に引き篭もりぎみだったけど、やっぱり自分の属している場所があるっていいですね。
は~、でも来週からまた毎朝早起きしてバタバタと出勤するあの生活に戻るのかと思うと、う~複雑な心境ですぅ…(って、日本での仕事に比べたらはるかに楽なのに…ワタシ、4月から日本の職場に復帰できるのかしら…)


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

2008年1月20日 (日)

Mt.Lofty登山 3回目

一週間前、Morialtaに行って「もっと登りたい~」という気持ちにかられながら登らなかったJunと私。今日は朝から、「山登りに行こう!」と二人の意見が一致。それも「滝が枯れてなくて、頂上にレストランがあるいつもの山にしよう!」というところまで同じ考えでした。
ということで、Mt.Lofty登山、3回目です。(→1回目2回目)
たぶん、これが登り納め。結局、また前回からちょうど半年。半年に一回のペースで、二年間の滞在中に3回登ったことになります。
先週同様、真夏にしては気温も低めで涼しく、曇り空の登山日和。
Mtlofty_climbing_1_2 朝寝坊したので、遅い朝食のあと家でやりたいことを片付け、午後2時ちょうどに家を出ました。

             Waterfall Gully (First Fall)→
             やっぱりここは枯れてない。
        マイナスイオンたっぷりで、
                気持ちいい~

Mtlofty_climbing_2_2

←Second Fall。
さあ、いよいよ登山口です。
頑張って登るぞ!

いくら涼しいといっても真夏の1月。雲の合間から日が差すと暑い…最近体力に自信のない私にはかなりキツかったです。歩幅を狭くしてマイペースでゆっくりゆっくり…Mtlofty_climbing_3

     Third Fall→
あ、ここは枯れちゃってました。
最近雨降ってないもんなぁ…
前回の記憶では、ここが目印で、残り1kmほどかなりきつい坂が延々と続くはず。

Mtlofty_climbing_4 Junと「5つめのベンチでおにぎり休憩しよう」と約束していたのが、とてもいい所にありました。全体の中間地点を少し過ぎた当たりかな…Third Fallからの急な坂道をぐっと登ってバテバテ、もうダメ~っというところに、救いベンチです。
10分ほどの休憩、小さなおにぎり一個とお茶でエネルギー補給、頂上までまだまだきつい坂道が続きましたが、何とか登りきることができました。
1回目も2回目も泣きべそをかいたJunは、今日は少し余裕がありました。私のペースがかなりゆっくりだったからもあるのでしょうが、最後は「手、引っ張ったげよか?」なんて優しい言葉も…降りる途中も、膝が痛くなった私のために茂みに入って杖になる木を探してくれたり…Mum、感激~Mtlofty_climbing_5

頂上近くまできたとき、前方に何やらモソモソと動くものが…あっ、野生のコアラ!

きゃ~かわいい♡
Mtlofty_climbing_6_2
Belair以外の山で見るのはこれが初めてかな…
私たちと、下山途中のカップルに挟まれて、かなり困った様子。そばまで近づくことが出来ました。

Mtlofty_climbing_7
やっぱり、毎度の楽しみは、頂上のカフェです。Mt.Lofty、いい山ですよね、頑張って登りきったあとにこんな楽しみがあるなんて。

Mtlofty_climbing_8
Junの毎度の楽しみは、この塔。
ちょっと頑張らないと上がれない高さがいいみたい。
なんてことない場所なのに、30分は遊んでましたね。


Mtlofty_climbing_9_2




展望台からの眺めも、毎度ながら最高!
この街とももうすぐお別れと思いながら眺めていると、感慨も一入!!

頂上で一時間以上過ごし、下山スタートは5時過ぎ。でも、8時半頃まで明るい真夏だから余裕です。登山口に戻ったときには6時を過ぎていましたが、まだ登り始める人たちもいました。こういう時には、夏時間ってありがたいですね。

Mt.Lofty、ちょっと私にはキツくて、結局たった3回しか来れなかったけれど、私たちのアデレード滞在中の大きな思い出に残る山です。


Banner21_4 ←応援クリック、よろしく♡

| | コメント (10)

2008年1月19日 (土)

チェス

Post_office こちらの郵便局が日本のとは違って、文房具その他いろいろなものが売ってあるちょっとした店だということは以前にも書きました。とくに順番待ちに並ぶ場所あたりに掘り出し物のワゴンがあって、ちょっと珍しい家庭用品や子供のおもちゃや本など、ジャンルを問わずいろいろなお買い得品が積み上げてあります。
それが目の毒…(日本じゃ郵便局に行って余計な買物をしてしまうことなんてありませんよね。)
先日年賀状を出しに行ったときも、、こんなものを見つけて買ってしまいました。
Chess_2
チェスその他いろいろなゲームのセット



Junは学校で友達にチェスを教わったらしく、先学期から家でもしたいと言って欲しがっていました。
私は、チェスなんて全然知らないし、将棋に似ていると聞いたことがあるけど、将棋も全く知らないし。相手をするのもめんどうなので、「日本に帰ってからお父さんとしたら?」と、はぐらかしていました。Mini_chess
タスマニア旅行中の土産物屋で、Junがちいさなポータブルのチェスを見つけ、「お父さんとやりたい」と言うので買ってやりましたが、これがホントに小さい。12センチ四方くらいの盤に1㎝くらいの駒で、駒の種類も見分けがつきにくいし、指先で駒を動かすのも大変。
2~3回相手をしてやったDadも「どうせ買うならもっと大きいのを買わなぁ…」とぼやいていました。
そんなところへこのちょっとりっぱな木製のチェスセット。たったの$12です。帰国前にまた物が増えてしまうけど、帰国してからなかなかこの値段でこんなチェスセットは買えないでしょう。同時に入ってきたおばさんも速攻で箱をつかんでたので、それにもつられてしまいました。
さぁ、買った以上はJunの相手をしてやらなければなりません。付属の英語の説明書は小さな文字に簡単な説明のみでなんとも不親切。
でも今のご時世、ネット検索すれば、いいサイトがありました。(→「チェス入門」)
すごく丁寧で親切なサイトです。初心者の私でも、よく分かる。
ひととおりのルールを学んだところで、Junと対戦です。
といっても7歳になったばかりのJun、まだまだ頭が単純で目先の駒を動かすのに必死、初心者とはいえ大人の私にはかないません。それでも、誰に似たのか、すごい負けず嫌い。。。負けるたびに泣きそうなほど悔しがって「もう一回、もう一回」と何度でもやりたがります。
そんな訳で、この休暇中、毎日チェスの対戦が続いています。
Junも少しずつ上達していて、私もうっかり大きな駒を取られてしまいます。最後はキングと他の駒が少しだけになって、王が動き回る始末。素人の私でも、めちゃくちゃヘボチェスだと分かるような対戦…でも、最初は相手をするのもめんどうがっていた私も少し面白くなってきました。
こんなヘタクソ同士では、どれほど上達するか分かりませんが、先学期、お友達に一瞬で負けていたらしいJunも、新学期は少しはいい勝負ができるようになってるかもしれませんね。。。


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

2008年1月18日 (金)

憧れのヒーローに遭遇!

午前中のピアノレッスンが終った後、今日もMarion Shopping Centerに行こうかどうしようか、迷いました。先週のブログにも書いたとおり、行ったらなんだかんだと買ってしまうから…。
でも、休暇も終わりが近づいてきたし、ランチはいろいろ選べるフードコートが魅力だし…と、思い切って今日も行ってきました。

そうしたら、なんとラッキー、Junの今一番の憧れの、こんな人に遭遇!!!
Spiderman











Junがそばに近づくと、彼は、親友Harryに呼びかけるように「Hi! Buddy!」と言ってくれました。Jun、感激!!
ショッピングセンターのイベントで、子供にスパイダーマンの色塗りをさせてくれるコーナーが設けてあったのです。
Spiderman_colouring_4
さっそくJunも参加。。。


Spiderman_colouring_2


にわかアーティスト。真剣です。

Spiderman_colouring_3
完成!!
他の子の作品も10数枚見たけど、背景まで塗っているのはJunだけでした。なかなか、才能あるかも…(←親バカ)


帰るときもまだ興奮冷めやらぬJunは、「やっぱり今日Marionまで来てよかったね~♡ ねぇねぇ、あのスパイダーマンの声、やっぱりピーター・パーカーの声やったよね。」
う~ん、そんな訳ないでしょ~、(とは言いませんでしたけど。。。)


Banner21_4 ←応援クリック、よろしく!

| | コメント (0)

2008年1月15日 (火)

かぶらの収穫

今日も旅行記二日目12/23「KanivaからMelbourneへ」、アップしましたのでよろしく。

さて、そのタスマニア旅行ですが、出発するとき、家を出るのが予定より一時間ほど遅れてしまった訳は…
荷物を鞄に詰めて、家の戸締りをして、さぁ、出発だ!と思った瞬間、12日間も庭の水遣りができないことに気付きました。雨がほとんど降らない真夏のアデレード、12日間も放ったらかしてたら干からびてしまいます。
せっかくJunと一緒に育ててたくさん実っているかぶら(→このかぶらについての以前の記事)が干からびてしまうのは悲しい。え~い、千枚漬けにしておけば酢漬けだから12日後戻ってきてからでも食べられるだろう。と、あわてて千枚漬けを作ることにしました。Turnip
庭にはかぶらが30くらい実っていました。大きいもので直径5㎝くらいあります。いくらなんでも全部は無理、とりあえず大きめのを8本ほど引っこ抜きました。あとは時々雨が降ってくれることを祈るしかない…
Turnip_2
ヤクルトのビンは大きさの目安に…
8本だけでも、けっこうな量ありました。これならクリームシチューもできたのに…(でも、この季節、あんまりシチューはほしくないしな~)
あ~ん、こんなことならもっと早くに収穫すればよかった~゚゚(´O`)°(…と、気付くの遅すぎ…)

さて、千枚漬け…レシピはネットですぐに見つかったけど、急に思い立ったので材料がありません。
お酢すらオーストラリア産ホワイトビネガーしかなくて(レシピでは「米酢」なのに)酸味がきつすぎるので少し煮立てて飛ばしました。しかも足りなくて、半分は寿司酢(調味してあるのん)を足して。昆布もないのでふりかけ塩昆布(フジッコこんぶ)で代用。鷹の爪(とうがらし)もないのでスパイスのチリペッパーをふり入れました。なんとアバウトな作り方。。。
でも、これがなかなか美味しいから不思議。。。塩をふり10分ほどだけ重しをしてしんなりさせたかぶらをこの調味酢にくぐらせて味見しただけでも、ん~結構イケる!
と、メルボルンまで一人で運転、の大変な冒険旅行に出発する直前に、千枚漬けなど作って出発が一時間遅れてしまった訳です。Pickled_turnip
旅から帰ってきて、千枚漬けは毎日の食卓に。。。美味しいです~♡ (チリペーパーがピリッときいてるし…)
庭に残っていたかぶらは、やっぱり半分くらい干からびていました。でも、半分くらいはたくましく緑の葉が残っていて水を遣るうちだんだん復活しました。
このちっちゃなかぶら、家庭菜園ド素人の私でも簡単に作れたし、味噌汁の具などに使い切りサイズで意外と便利。それにとっても美味しいので気に入りました。種をたくさん買っといて、日本でも庭に植えようかしら…
しかし、「Japanese Turnip」なる種をわざわざオーストラリアで買って日本に持ち帰るなんて、バカげてるような気もしますね。。。
(日本で手に入りそうなものでも、なーんか不安でつい買いためてしまう今日この頃です…)


Banner21_4 ←応援クリック、よろしくネ♡

| | コメント (0)

2008年1月14日 (月)

年賀状

本題に入る前に、やっと旅行記の初日(12/22「メルボルンに向かって出発」)をアップしました。どうぞ読んでやって下さいませ。

さて、今日は一日がかりで、遅ればせながらの年賀状を作りました。
(って、いくらなんでも遅すぎるでしょう。。。ハイ、スミマセン。。。m(_ _)m)
昨年末はバタバタと忙しかったし、年末年始と旅行に行ってたし、アデレード滞在の事情は昨年の年賀状で皆にお知らせしてあるので、今年は年賀状は作らないことにしました。
でも、Dadが帰国後、ワタシ宛の年賀状が結構届いていたことを知らせてくれたので、もらった人にだけは出すことにしました。異国からの国際便なら、時期遅れでも許してもらえるかな、と…。 でも、毎年使う年賀状作成ソフトで作ったものの、こちらってはがき用のプリンタ用紙は売ってないし、仕方なく写真用の紙を使ったらうらがツルツルで宛名が印字できなかったり…と苦労して予定よりさらに遅れてしまいました。
という訳で、年賀状をくれた方には、これと同じものが一週間後くらいに届くと思います。
それ以外の方々には、今年はこのブログ上からのご挨拶で、年賀状に代えさせていただきます。
Photo_2




















さて、宛名ですけど、国際便の場合、普通ローマ字で書きますよね。日本の郵便屋さんが配るのに日本語の方がいいんじゃないか、と以前オージーに相談したら「そんなのこちらの郵便局の人が読めないからダメ」って言われたし。。。でも、古い友人の住所には読み方の分からない地名も多くて困りました。
それでネットで調べると、こんなサイトを発見。(←いろんなサイトがあったけどここが一番わかりやすかった)
やっぱり日本語でいいんだ~。
海外にお住まいの方、宛名が日本語でいいなんてご存知でした~? 
え? 常識だったらごめんなさい。ワタシ知らなかった~、素人のオージーに相談したのも失敗だったかも…
ということで、いちいちローマ字で書かずに、毎年使っている宛名ソフトが使えました。
送料は一枚$1.25。まとめて送ってDadに日本から発送してもらった方が安上がりかとも考えたけど、オーストラリアらしいウォンパットの切手を貼ってもらえたので、異国情緒ある国際便の賀状をお届けするのもいいかな~と思いました。


Banner21_4 ←応援クリック、よろしく♡

| | コメント (2)

2008年1月13日 (日)

Morialta Conservation Park

さすがに毎日ほとんど出かけず家に籠っていると、外の空気を吸いたくなる。
運動不足も感じるし…週末くらいは、ちょっくら山歩きにでも出かけるか…
でも最近体力に自信ないし、できるだけ近場で軽いハイキングコースにしとこう…
で、選んだのはMorialta Conservation Park。
家から車で15分くらいのところにあり、ウォーキングガイドブックで一番軽い45分のコースが載っていて、車椅子でも行けるとか。写真の滝もよさそう。以前から、一度は行きたかった場所だ。
朝から曇り空で少し肌寒いくらい。山歩きには最適だ。
知らない場所だし、こんな真夏だし、行くまではちょっと不安だったけど、着くとたくさんの人がハイキングをしていた。Morialta_duck_2
コースがいくつかあり、予定の最短コース以外に2時間、4時間のハードなコースもあった。
同時に着いた他の人たちが2時間コースのトレイルに進んで行くのにつられて、いきなりキツい坂道を5分ほど登った。久しぶりだけど歩き始めるとどんどん登りたい気分。Redflowering_gum_2
でもちょっと待ってよ…これは車椅子では行けないでしょ…予定のコースじゃないわね。。。Junはキツい山を頑張って登りはじめてすっかりその気になり、かなり残念がったけど、今日は軽いウォーキングのつもりで水もランチも持たずに昼過ぎに来たから、予定通りの最短コースに戻ることにした。
ほとんど上り下りのない楽勝トレイル。なるほど車椅子でも来れる。
それでも、小川があってカモがいたり、目が覚めるような赤い花(レッド・ユーカリ?)が咲いていたり、山の景色も見ているだけで気持ちいい。
Morialta_first_falls20分ほど歩くと、「へ?もう着いたの?」というくらいあっけなくFirst Fallらしき場所に…
でも…あれ~~~、滝がないよ~~~
残念ながら、最近雨がほとんど降ってないので滝も枯れあがっていました。
わーーん、滝のマイナスイオンを吸うのを楽しみに来たのに…
Junは「滝が枯れるなんて初めて見た」と逆に感動してました。確かにね…
は~、でも後2ヵ月のあいだにここの滝を見れる可能性はかなり低いですね。残念です。。。Morialta_fennel
私の山歩きのもう一つの楽しみ…野生のフェンネル。ここにも生えてました。
普通食用にする茎の付け根の白い部分は取れないけれど、歯の部分だけでもサラダに散らすといい香りがするんだな~
Morialta_fennel_2
こんな風に水に指してキッチンにおくだけでも、なんか好きなんですよね~Morialta_fennel_salad

レタスとオレンジだけのサラダにフェンネルの葉をきざんで散らしたら、見た目も味も引き立っていい感じ。実を取った後のオレンジの絞り汁とオリーブオイルとバルサミコ酢をかけただけで、すご~く美味しかったぁ♡ (写真は暗くなってから撮ったので色が悪いですが…)


Banner21_4 ←応援クリック、よろしく!

| | コメント (0)

2008年1月12日 (土)

10ヵ月ぶりInspection

久しぶりに、住んでいるユニットのインスペクションがありました。
初めてインスペクションがあった時に確か4ヵ月毎にあるって聞いてたのに、昨年3月からとんと連絡が来なくなって、この年明け久々に予告の手紙が届きました。なんと10ヵ月ぶりです。いったいどうなってるんだか…
それが昨年はいつも仲介不動産屋から連絡をもらい、その不動産屋の優しいおばさんが毎回来てくれてたのに、今回の手紙は大家さんから直接送られてきたので、ちょっと緊張。大家さんも気のいい夫婦なんだけど、インスペクションとなるといつものおばさんより手厳しいかも…と、数日前から普段は掃除しないところまで念入に掃除しました。
(ブログの更新が最近滞っていたのは、家の掃除をしていたからです。)
今日の午前、やっぱり大家さん夫婦じきじきでインスペクションに来られました。
ま、特にお小言を言われることもなく、玄関のカーペットが汚れているのを見て「汚れにくいようにプラスチックのマットでも敷き詰めようか?」とか「網戸に小さな穴が開いてるから近日直しに来るからね」などといろいろ気を使ってくれました。
もうすぐこの家ともおさらばの私としては今さらどうこうしてもらっても…「あと2ヵ月で出て行くから、私が出た後で何でもして」と言っておきました。(初めてのインスペクションの記事を読み直すとなんだかなつかしい…「これからここに暮らすんだー」って頃でしたね~

さて、緊張のインスペクションも終って、ホッ…
あら、家の中がすっきりきれいに片付いたので、気分いい~♪
で、午後もたまったブログなど書くより、優雅にコーヒー片手におしゃれなインテリアの洋書など読んでくつろいじゃいました。
お茶請けに、久々スイーツも作りましたよ~。
Cherry_flan

昨日買ったチェリーの種抜きを使って、チェリー・フランで~す。チェリーの酸味が効いて、美味しい~


いや~、家の中がすっきり片付いているとなんだか心にもゆとりが出来ていいですね。いつも家の中をきれいにしておくことって大切ですね~
(この状態がいつまでつづくのやら…)


Banner21_4 ←応援クリック、よろしく♡

| | コメント (0)

2008年1月11日 (金)

今週もMarionでshopping

3週間ぶりにピアノのレッスン。
で、今週もレッスンの後、Marionに行って来ました。
帰国に向けての片づけが気になるので、もういらない買物はしないぞ、と固く心に誓ったつもりが…やっぱりなんだかんだと買ってしまいました。Bookfair
まずは、ショッピングセンターの一角でやっていたブック・フェア。日本でもよく見かける、売れ残りっぽい本を定価の半額くらいでドーっと放出しているものです。(どこの国でも同じようなことやってるんですねー)
こういうの、どうせ売れ残りであんまりいい本がないんだよね~、と思いつつも、見ていると中には掘り出し物が…それに、なんと言っても日本に帰ったら洋書って元値の2~3倍するからね~ 
という訳で、Junと私と二冊ずつ、私:ガーデニングの本と水彩画の本 Jun:スパイダーマンの本とステッカーブック 計四冊も買ってしまった。。。
さて、その後は大好きなキッチン用品の店に入って、またまたついつい…
こんなものを…
Apple_peeler アップルピーラー。
これ、すごーく便利です。学校のカンティーン(売店)にあって、一度使わせてもらってから欲しいな~と思ってました。でも、買うまでは、内心こんなもん買うの馬鹿げてるかな~と迷ってました。Apple_peeler_2
でも、買って正解!横着者の私、皮剥きが面倒でりんごを買っても皮がぶよぶよになるまで放ったらかしてたり、お菓子作りでもりんごはつい敬遠しがちでした。 それがこれなら超楽勝♡ りんごをセットしてハンドルを回すだけ。わずか10秒ほどで、皮むき、芯取り、スライスが同時にできちゃうのです。ジャガイモも剥けるらしいし、とにかく思った以上に便利で嬉しい。これからは毎日でもりんご食べちゃいそうです。
ついでにその他のキッチン・ツールも…
Kitchen_utensils_3
赤いのがかわいい♡
今頃、こういうもの増やしてどうすんだよ~ってか…

Kitchen_utensils_2_5

チェリーやオリーブの芯抜き。
これ、前から欲しかったんだよね~
って、日本でも買えるっつーの…



ってな訳で、帰国2ヵ月前になってもこんなものばかり買ってる私です。。。


Banner21_4 ←応援クリック、よろしく~♡

| | コメント (0)

2008年1月10日 (木)

Jamie Oliver

最近、木曜日の夕方になるとちょっとそわそわ…
大好きなテレビ番組があるのです。
イギリスのイケメンシェフJamie Oliverの料理番組「Jamie at Home」。
こちらに来てからテレビってめったに見なかったんですが、このJamieにだけはすっかりハマッてしまいました。
料理雑誌やレシピ本が大好きな私。こちらに来てまもなく、本屋の料理本コーナーに並んだ表紙のハンサムガイの写真に惹きつけられました。
「なんだー?このカッコイイ人は?」
本の中は、なかなか美味しそうな料理のレシピで写真もキレイ。それに、ところどころに料理をしているJamieの写真もちりばめてあります。それがすんごくカッコよくて、アイドル写真集でも見ているような気分に…年甲斐もなく「カッコいいじゃん♡♡」と、レシピそのものよりもJamieに魅せられて一冊買ってしまいました。
    こちらだと$27で買えた→  Jamie's Kitchen (Michael Joseph) 
それからしばらくして、テレビで彼の番組を発見。
そのときはあまり見ないうちに番組が終ってしまったのですが、最近またやっているのに気付きました。
これがすごく面白い。
もともと料理番組の好きな私ですが、こんな男前シェフが作ってくれるのだから見る楽しみも倍増!Jamieの料理の腕前も半端じゃない、ただのアイドルシェフと侮れません。自分の庭で取れた食材をふんだんに使い、手際よくダイナミックに作る様子や彼のトークも見ていて飽きません。
もうすぐ帰国で見れなくなるのが悲しい。で、調べてみると日本でもスカパーとかで見れるみたいだし、アマゾンでDVDもたくさん出ていることが分かりました♡
帰国したら洋書は高いから、とりあえずこちらにいる間に彼の本を出来るだけ買いあさっとこうかしら…と、好きなアイドルのグッズなど買いあさっていた若かりし頃に戻った気分です。r(^ω^*)))テヘヘ  
あ、もちろんレシピ本としても持っとく価値大ですからね。。。

Jamieの公式サイト
動画も見れますよ。カッコイイでしょ?最近太ってすっかりおじさん体型との批判もありますが…
えー?IronChef(米版料理の鉄人)に出るんだって?わ~ん、見たいよ~


Banner21_4 ←応援クリック、よろしく!

| | コメント (0)

2008年1月 9日 (水)

Ayuko先生とランチ

Ayuko先生から、ランチのお誘いがありました。
ここのところ家にこもっていたので、喜んでOK!
メールには、「Fasta Pastaでランチしませんか?」とのことでした。

Fasta Pastaといえば…
先週の旅行先、最後の宿泊地マウントガンビアで夕食のレストラン探しのときのこと。JunがFastaPastaという店を見つけてそこで食べたいと主張したのだけど、このチェーン店のことを全然知らなかった私。Dadも私もその店名からファスト・フードっぽいイメージを抱き、Junの主張は却下。
…と、記憶にも新しい店名だったので、Junに話すと大喜びでした。

さてAyuko先生と彼氏Adamくんに連れて行ってもらったFasta Pasta、場所は意外にも家から車で5分ほどのすぐ近く。二年間暮らしていても、こんな風に知らないまま終ってしまう場所もたくさんあるんだろうな。。。
ファスト・フードというよりはちゃんとしたカフェ・レストラン風で、味もなかなかでしたよ。チェーン店で当たり外れもなさそう…ちょうど日本のジョリーパスタ的なイメージです。Fasta_pasta
ランチなのに、ちゃんとブレッド&バターも出てくるし、サラダかスープかカラマリ(イカのリングフライ)ディッシュとパスタのセットも選べるランチコンボもお値打ち価格で。

写真を取り忘れたので、帰りにもらったクーポン付き広告の写真→

ところで、私って昔から外食でスパゲティは食べない派、パスタ屋さんではフィトチーネやラビオリなどスパゲティ以外のパスタを頼むので気付かなかったのですが、今回の旅行先でDadがスパゲティを食べるたびにボイルオーバーだとご立腹…どこで食べてもやわらかく茹で過ぎの麺が出てきました。
今日Junが好物のスパゲティ・ボロネーゼを頼んだので横から味をみると麺はやっぱり柔らかかった…どうやらオーストラリアでは「アルデンテ」はないみたいですね。。。

ランチが終ってから、これまた私の家のすぐ近くの行きつけのショッピングセンターに新しく出来たティーショップ(紅茶専門店)でお茶しました。
チャイ・ラッテを頼んでみると、カプチーノ風のフロストミルクにシロップで模様が描いてあってかわいい♡ 
Chai_latte
←これは思わず写真を取りました。
Junのデジカメで撮ったら、なぜか色が悪いけど…



今日は近場なのに知らなかった店に行けて、楽しかったです。
Ayuko先生、ありがとね~♡

12/22のブログ、アップしました。クリスマス・パーティーの様子、ご覧下さい。


Banner21_4 ←応援クリックよろしく♡

| | コメント (2)

2008年1月 8日 (火)

宿題

Junとお家にひきこもって、何をしているかというと…
Junの日本語補習校の宿題です。
毎日通う現地校では、6週間の長期休暇、「宿題」は全くありません
なのに、週一回の補習校は、宿題ドッサリ。。。
・算数の計算ドリルが8ページ。
・漢字ドリルが33ページ。
・国語の教科書の本読み。(8ページを声を出して5回読み、お母さんかお父さんに聞いてもらうようにとの指示付き…)
・読書(1~2冊読んで、その本の紹介文や絵を書く)
・作文「夏休みにあった楽しかったこと」
・漢字のテスト予告が31問。

先生からのメッセージの中には、こちらの生活を見透かしたかのように、「一月に入り少しおちついたら宿題に取り組んでください。」なる一文が…

ひょえ~、これを子供にやらせる親も大変。。。
これでも日本の小学校の夏休みの宿題量に比べたら、少ないんでしょうね。
それでも、結構プレッシャーですよ。。。
お国が違うと、学校教育のあり方も違うものですね。
この差が、子供の学力にどのくらい反映するのかしら…
ちょっと検索してみると、こんなサイトが…
「学力の国際比較(OECDのPISA調査)」
こんなデータ、あんまり意味があるとは思いませんが、ま、要は「大した差はない」ってことが分かりますよね。
だったら、宿題プレッシャーの日本の教育より、のんびりのびのびオーストラリアの教育の方がいいなぁ…
って考えたって、三ヵ月後には日本の小学校に入らなきゃならないんだから、しょうがないか。。。
さて、明日もがんばって宿題やらせなくちゃ…

今日も、12/20の記事一つだけアップ。なかなか旅行の記録までいかないけど…


Banner21_4 ←応援クリックよろしく♡

| | コメント (0)

2008年1月 7日 (月)

思いっきりのんびり…

Ryon&Dad帰国後、ちょっと気も滅入って、昨日、今日とほとんど何もせず、家でぼ~っと過ごしています。
Summer Holiday、前半はタスマニア旅行で思いっきりエンジョイしましたが、これからの後半は、まったく予定がないんですよ。
ま、ちょっと遊びすぎたので、これからはお家にひきこもって、帰国に向けていろいろ片付けなければいけないことを片付けていこうと思います。。。

さりげに、12月19日のブログをアップしました。(大した内容じゃないけど…)


Banner21_4 ←応援クリックよろしく♡

| | コメント (4)

2008年1月 5日 (土)

Ryon & Dad 帰国

楽しい時間って、なんて早く過ぎてしまうのでしょう。。。
Ryon&Dadが日本の冬休みを目一杯使って訪れてくれた2週間が、あっという間に終ってしまいました。Airport

夕方6時過ぎ発の便で帰国です。
空港での最後のお見送り。

今回はJunと私もあと2ヵ月ほどで任期を終えて帰国となるので、しばらくだけのお別れですが、それでも空港で別れる時はとても寂しい気持ちになりました。

Junと二人で帰宅すると、いつものリビングが妙にガランと広く感じました。
今までは「寂しい」など言ったことのなかったJunが、「お父さんとお兄ちゃんがいないと寂しいね」と言ったり、夜には「ボク、お父さんとお兄ちゃんの声が聞こえてくるような気がした」などと言いました。これもJunが成長した証拠かな?
さぁ、アデレード暮らしも残り2ヵ月少し。またJunと二人でがんばりましょう。。。


Banner21_4 ←ちょっぴり寂しいJun&Mumに応援クリック、よろしく♡

| | コメント (2)

2008年1月 3日 (木)

ご無沙汰

すっかりご無沙汰いたしました。
12月22日からメルボルンに出発し、Ryon&Dadと合流。タスマニア旅行を満喫し、今日アデレードに戻ってきました。Ryon&Dadはあさって帰国予定なのであとわずか二日ですが、家族で楽しく過ごしたいと思います。
旅の記録はその後でぼちぼちアップしたいと思いますが、どうぞよろしくお願いします。


Banner21_4 ←三週間近くも更新せず、すっかりランキングも落ちてしまいましたが、また応援よろしくお願いします<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »