« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月26日 (水)

タスマニア初日 デボンポートからホバートへ

Tasmania_map タスマニアの玄関港デボンポートへの到着一時間前の船内放送で目が覚めたのが、午前5時。そして予定通り6時に着きました。
車をフェリーから降ろして検閲所を通るのに一時間以上の長い列…係の人の質問ときたら「Any weapons? No fruits?」 こんな質問、「はい、持ってます」なんて答える人いるのかしらねぇ…一応、車の荷台まで開いて見てましたけど…
午前7時過ぎ、ようやくデボンポートからホバートに向かって道を走り始めました。
ロンセストン経由で約290km。道はスイスイで、途中一度トイレ休憩をしただけで、午前中にホバートに着きました。友人のアドバイスで今日まる一日移動に当てていたのに予定外…
とりあえずホテルの駐車場に車だけ置かせてもらって、歩いてホバートの街を周りました。
まずはフランクリンワーフの船着場をぷらぷら見て周り、海辺のレストランで昼食。
Hobart_1 大人はシーフードバスケット、子供はキッズバスケットを頼みましたが、どちらも似たようなもの。いわゆるフィッシュアンドチップスです。大量の魚介類のフライとチップス(フライドポテト)でおなかが一杯に…
ポテトはみんな残してしまったのに、Junだけが調子に乗ってバクバク全部食べてしまいました。このせいで明日が台無しになろうとは…262

写真は二階に上がって撮りましたが、食べたのは一階のカジュアルなレストラン。二階はちょっとお高いメニューばかりでした。。。


263 昼食後はインフォメーション・センターで旅の計画を立て、あとはホバートの街をぷらぷら歩いてゆっくり過ごしました。昨日のクリスマスに引き続き、今日もボクシングデーの休日。でもホバートの街は昨日のメルボルンよりは賑わっていて、店も結構開いてました。
夕食はホテルのレストランで。パン、サラダとスープはバイキング形式でお変わり自由。メインを四人分頼んだら大変な量になってしまい、半分以上残してしまいました。もったいない…
さぁ、明日は朝からタスマン半島方面へ足を伸ばそう、と張り切っていたのですが…
(続きはまた後日…)


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

2007年12月25日 (火)

いよいよタスマニアへ

今日は12/25、クリスマス。
ホリデーはほとんどの店が閉まっているとは聞いていましたが、メルボルンほどの大都市ならいくらか遊ぶところもあるかと思っていたのが大間違い。。。
朝10時ホテルをチェックアウトする時、フロントでどこかいいところがないか聞いてみたけど、「水族館くらいしか開いてない」とのこと。水族館は前回Junと入ったし、シドニーでも家族で入ったのでパス。
仕方なくホテルを出てフェデレーションスクエア方向へ歩きました。
やっぱり町は死んでる…店はどこも閉まってるしトラムも走ってないし人もまばら…夕方6時のフェリーのチェックインまで時間はたっぷりなのに…
ホテルでのんびり過ごすこともできず、日程的には最悪。
結局フェデレーションスクエア周辺での~~~んびり、時間をつぶすことにしました。251

→Junのサングラスはサンタさんからのプレゼント。朝、ホテルなのに欲しかったスパイダーマンのサングラスが靴下の中に入っていて大喜びでした。これにはワタクシいろいろ苦労したんですが…



駅の近くで寿司&お好み焼きの売店が開いていたので買って、ヤラ川の遊覧船乗り場のベンチで食べて昼食にしました。(遊覧船は動いてたけど、川が泥でにごっていて良さそうじゃなかったのでこれもパス)

フェデレーションスクエアのカフェTimeOutだけが開いていたので、入ってお茶にしました。(前回のブログ訂正。マッドチョコケーキを食べたのはこの時…ホント甘さ控えめで美味しい♡ので再度おすすめ!!)

その後、早いけれど車でフェリー乗り場に行き、港周辺で過ごしました。252
夕刻6時、ようやくフェリーに搭乗。夜8時出航で船内で夜を越します。(昼間の航行は週末のみ)
本土とタスマニアを繋ぐフェリー 
SPIRIT of TASMANIA
ピークシーズンで、車を積んで家族四人窓付きの個室(Berth Cabin)を取ったら、往復で$1666かかりました。
253_2 結構な値段だけあって船内の施設は充実。レストランも美味しかったし、カフェ、バー、ラウンジ、土産売り場etc. 部屋にはシャワーまで付いていてホテル並みでした。
家族で船旅は初めて。なかなか楽しかったです。

夜、少し船が揺れだして、私は船酔いがヤバイ(高校の修学旅行でサンフラワーに乗った時ゲロゲロに酔った経験あり)と思ったので速攻寝ました。


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

2007年12月24日 (月)

メルボルンで一日

メルボルンでもう一泊するので、今日一日シティを周って過ごしました。
Melbourne_1 メルボルン名物(乗らないけど…)の馬車。半年前に来たときは、シャッターチャンスを逃してしまったけど、今日はばっちし撮れました。(客引きされたとき、京都の人力車を連想してしまったのは私だけかしら?)

Melbourne_2

最初に訪れたのは、セントパトリックス大聖堂。(半年前はこの手の歴史的建造物は全く訪れなかったので…)

Melbourne_2 とにかくその壮大さに圧巻。ステンドグラス、パイプオルガン、その他なにもかも見ごたえありました。
 

Melbourne_3 その後は、州議事堂の前を通ってシティ南側へ。街のいろいろなところでクリスマスのイベントに遭遇。
シティスクエアのサンタさんと一緒に記念撮影。

Melbourne_4 セントポールズ大聖堂にも入りました。さっきのセントパトリックスと並び、メルボルン三大ゴシック建築の一つだとか。。。Melbourne_5
すぐ向かいのフェデレーションスクエアには近代的な建物が立ち並んでいます。極端に新旧入り混じった風景が、メルボルンならでは。
フェデレーションスクエアのカフェTimeOutでお茶して(ここのマッドチョコケーキがお勧め。甘さ控えめで美味しい♡)からフリンダース・ストリート駅前を通り、ヤラ川を渡ってサウスパンクへ。フードコートで昼食を取りました。
Melbourne_6 Crown's Christmas Spectacularというイベントを見に行きました。でも、これは時間がきたら大掛かりなからくり時計でいろいろな人形がつぎつぎ動くって感じの物で、ちょっと幼稚、さほど面白くもありませんでした。
 

Melbourne_7一旦ホテルに帰って少し休んでから、再び街へ。
セントポールズ大聖堂を再度訪れ、8時からのクリスマスイブのサービス(聖書朗読とキャロル)に参加しました。めったにない経験。おごそかでした。
Melbourne_8
教会を一歩外へ出ると、すぐ向かいのフェデレーションスクエアでは、Giant Advent Calendarというイベント中。何やら人が宙吊りになってパフォーマンスしてました…クリスマスの楽しみ方も千差万別だなぁ…。

この後、中華街まで歩いていって夕食を取りました。
ホテルに帰ったのは10時ごろ。クリスマスイブのメルボルンを目一杯楽しみました。


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

2007年12月23日 (日)

KanivaからMelbourneへ

Kanivaのモーテルで朝を迎えました。
できるだけ早く出発した方がいいとは思ったのですが、パーティーのケーキ作りでちょっと寝不足だったし、州境を越えて時差で30分早くなってるし、何よりドライブ中に眠気に襲われるのが一番恐いので、朝はゆっくりしました。
部屋で朝食を取り、コーヒーも飲んで、荷物を車に詰めて、10時半ごろにチェックアウト。
さあ、メルボルンまで400kmほど、予定所要時間は約5時間。気合を入れて出発です。
Kanivamelbourne_map_2
昨日から寒いくらいの天気なのがラッキー。真夏の炎天下のドライブは結構キツイと聞いていたけれど、曇り空で涼しくて快適なドライブを楽しめました。

Kanivaを出て約一時間、「ガソリンの目盛りが半分をきったら早めに入れた方がいい」との友人のアドバイスに従って、Horshamという町で燃料補給しました。アデレードから400km以上走っているのにまだ半分。(26~7ℓ)、120km/hくらい維持して走れるので、のびる、のびる!
ガソリンを入れてからは、ノンストップで2時間くらい走り続けました。昼を過ぎたけれどJunが眠ってしまったので、わざわざ起こすこともないかと…。ノートパソコンでスパイダーマン3(見飽きるほど見ているので画面を見なくても音だけで楽しめると思って…)のDVDをかけて2時間があっという間に過ぎました。mp3で音楽を聴いたり、JunはDSをしたり、マンガを読んだり…いろいろ用意したおかげで長距離ドライブも退屈することなく、なかなか楽しかったです。
午後2時を回り、メルボルンまで残り100kmくらいのBallanという町のKFCで昼食を取りました。こちらではめずらしく日本の高速沿いのサービスエリア風で入りやすかったので…
メルボルンに近づき、だんだん都会に入って行きました。
カーナビにホテルの住所を設定して頼り切っていたら、シティに入る前の郊外の民家にたどり着くというハプニングも…全く同じストリート名の場所だったみたいで、30分くらい時間ロスしてしまいましたが、何とか無事夕方4時頃にホテルに到着できました。Melbourne_hotel
この日、朝からメルボルンに着いて、シティに出かけていたRyon&Dadも5時頃ホテルに戻ってきて、久々に家族が揃いました。8月から4ヵ月ぶりの再会です。
Ryon_in_melbourne

RyonとDadは、朝8時頃にメルボルン空港着。荷物をホテルに預けてから、クイーンビクトリア・マーケットや教会、その他シティ内をいろいろ見て周ったそうです。


夕食は、イタリア人街で有名なライゴンストリートのレストランでパスタを食べました。
(少し高めの店を選んだのに、味はイマイチだったので写真なし…)

さぁ、いよいよ家族揃っての旅行の始まりです。


Banner21_4 ←応援クリック、よろしく♡

| | コメント (0)

2007年12月22日 (土)

メルボルンに向かって出発

いよいよタスマニア旅行に出発です。
メルボルンまではJunを連れて私一人で運転し、日本から来るRyon&Dadとメルボルンで落ち合う予定です。
Australia_map2_4
アデレードからメルボルンまでは約720km、8~9時間はかかるとのこと。今までに、こんな距離を自分で走ったことはありません。人生最大の冒険に出る気分です。
 

今日のクリスマスパーティーの日程が決まってから、Dadの明日23日朝メルボルン着の航空券が取れたため、パーティーが終ってからの出発となりました。Adelaidekaniva_map_2
RAA(ロードサービス)のオフィスで、4時頃の出発で日没前に着けるハイウェイ沿いの町のモーテルを予約してもらいました。
南オーストラリア州からビクトリア州に入って少しのKanivaという小さな町です。
モーテルに泊まるのも初めてです。(というか今までにホテルに一人で泊まったことすら一度もないし、Junと二人で外泊するのも初めてです。)
いろんな人に心配してもらいましたが、自分としては不安よりも、わくわくドキドキ☆楽しい気分でした。
今回の車の旅でイメージする映画が二つ。どちらも20年以上も昔の学生時代に見た映画ですが…
まずは、「ストレンジャー・ザン・パラダイス」 何かよくわからん映画だったのに妙に心に残ってる…特に、英語も下手な異邦人なのに飄々と旅をするヒロインが印象的。
それからJunとの二人旅からイメージするのが、「ペーパー・ムーン」 映画は父親かもしれない男と孤児の少女との二人旅だったけど、なんだかほのぼの印象的。
な~んて、古い映画と自分たちの今回の旅を重ね合わせて、とっても楽しい気分でした。。。
Leaving_for_kaniva_2 さてパーティーが終って帰宅したのが3時前。4時には出発したかったのだけど、旅の最終準備を仕上げていたら5時になってしまいました。12泊もの旅に出るとなると、なんだかんだと家の中のことが心配で…
 
アデレードからKanivaまで310km。ハイウェイは日本の高速とは全然違ってただの田舎道ですが、信号もなければ渋滞もないので思ったより走りやすく、スイスイ。Kaniva_1_2
途中トイレ休憩を一回取っただけで、あとは制限速度目一杯の110km(ふと気がつくと130くらい出してたりしたけど…)ノンストップで、3時間半でKanivaのモーテルに到着しました。予定より出発が遅れたけれど、何とか無事日没前に到着。
Kaniva_2 初めて泊まるモーテル…着くまではちょっと不安だったけど受付のおじさんがとってもフレンドリーだったので安心しました。部屋は狭いけどリネンやテーブルクロスがかわいらしくて、気に入りました。Kaniva_3

    ちっちゃなクリスマス・ツリー。→
    ささやかな心遣いが嬉しい。

真夏だというのに、あさからパラパラと雨が降り、とても寒い日でした。夜はヒーターをつけて過ごしました。(日本じゃ考えられないよね…) 飲み水のサービスもあり、部屋でコーヒーも沸かせて、パーティーの残り物で夕食にし、おやつなど食べてくつろぎました。
ドライブも楽しかったし、モーテルもなかなか快適だし、旅の出だしはまずまず好調にスタート♡


Banner21_4 ←応援クリック、よろしく!

| | コメント (0)

クリスマス&バースデイ パーティー

Hanedaさんの企画で日本人のお友達で集まって、「クリスマスパーティー」兼「ShoくんとJunのjoint Birthday Party」を開きました。
場所は、Plaster Fun house。店内に並んだ石膏の人形に色を塗るアクティビティーをするお店で、パーティー・サービスもしてくれるのです。
先週のJunのバースデイ・パーティーをBelairのオージーキッズだけでしたのは、日本人のお友達には今日のこのパーティーを先に企画していたからです。

食べ物は各自一品の持ち寄りパーティーにしました。
パーティーにはやっぱりケーキがほしいな、ということで、私は得意の手作りケーキを用意することにしました。(っつーか、料理よりスイーツの方が得意なだけなのですが…^^i)
大人も入れると総勢30人以上の参加予定とのことで、二台作ることにしました。
昨日は午後からスポンジを二つ焼いてデコレーションを途中までしていたら、深夜までかかってしまった。。。(パーティーが終ってからメルボルンに向かって出発だというのに…)
Cakes先週のスパイダーマン・ケーキが上手く出来たので気をよくして、同じレシピで張り切って作りました。デコレーションも気合を入れて…会場までの持ち運びにも気を使い、側面はアーモンドを貼って…なかなか大変でしたよ。。。
  Christmas_party1_3
さて会場では、さっそく子供たちが好きな石膏を選んで色塗りを始めました。
男の子がこんな人数集まると、普段なら走りまわったりあばれたり…と大変なんだけど、この石膏塗りのアクティビティーはいいですねぇ。みんな大人しーく座って、夢中で塗ってましたから。。。
Christmas_party2_3
Junも大好きなドラゴンを選び、必死で色塗り。。。
寝ぐせでピンとはねた髪の毛と、スモックが妙にかわいい♡

Christmas_party3     
石膏を塗り終わった後は、別室でパーティーです。
これだけの人数が集まると、持ち寄りの食べ物も色々たくさんで、豪華~。それに日本人で集まると、食べ物がどれも美味しいんですよね~♡
食事の後は、私のケーキにろうそくを立てて、バースデイソングを歌ってShoくんとJunで火を吹き消しました。二回もバースデイ・パーティーができて、今年のJunはラッキーですね。
Christmas_party5 最後は、店の前でみんなで記念撮影。
Belair小学校でも日本語学校でも一緒で大の仲良しだったKyteくんとは、今日が最後のお別れになりました。(来年からキャンベラに引越されます。。。) 
私たちもあと少しで帰国とはいえ、またしても残される立場は寂しくて辛いです(ノ_σ)クスン

来たばかりのときは右も左も分からず誰一人知人もいなかったアデレード。こんなにたくさんの日本人仲間もできてたくさんの思い出もできて、ほんとうによかったな~と思いました。


Banner21_4 ←応援クリックよろしく♡

| | コメント (0)

2007年12月20日 (木)

Christmas shopping

休暇中はいつも、ピアノのレッスンを午前中に変更してもらいます。
そしてレッスンの後は、先生の家からわりと近いMarionのショッピングセンターに行くのが、毎度の楽しみ。
今日も、行ってきました。
クリスマス直前とあって、さすがにすごい混雑ぶり。ぞっとするMarion_car_parkingほどたくさんの人出で賑わっていました。

  帰りに駐車場から出るときも長い行列が…→


クリスマスは、こちらでは一年で最大の祝日。いわば日本のお正月みたいなもんです。
だから、お店もまるで大晦日の日本のような感じです。
みんな「クリスマスショッピング」と称して、大量の買物をするらしいです。
私は、旅先でクリスマスを迎えるし、帰国の近づくこの時期、物を増やす気もしないので、その雰囲気だけ楽しみました。自分自身は、旅の準備の衣類やかばんなどの買物をしました。
昨年の今頃は一時帰国していたので、こんなクリスマスショッピングの雰囲気を見るのは初めてで楽しかったです。(店で写真を撮るのを忘れてました。残念…こんな文章じゃ、雰囲気わかりませんよね。。。スミマセン。。。とにかくまるでバーゲンセールみたいに店中すごーい人だかりでゴッタガエシていて、クリスマスプレゼント用の商品や装飾品などがど~っとあって、すんごい賑やかな雰囲気です。。。)


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

2007年12月19日 (水)

Christmas cookies

学期末~Junの誕生日パーティーと、嵐のような日々でしたが、ようやく休暇らしく少しのんびり過ごしています。
週末からの旅行準備のショッピング以外は、家でゆっくり。
久々余裕ありげな私を見て、Junが「クッキー、作りたい!」と言ってきました。
そう言えば、終業日にVirginiaが手作りのクリスマスクッキーをプレゼントしてくれたのがとてもかわいらしくて、私も同じようなものを作りたいなと思っていたので、作ることにしました。(Virginiaのクッキー、もらったその日にJunとパクパク食べちゃったけど、写真、撮っとけばよかったな~)

さっそく近所のスーパーでクリスマス用の抜き型を探したけれど、思ったものより小さい型しかありませんでした。専門店に行く時間もないので、それで我慢…
Christmas_cookies_2 こちらでは、型抜きクッキーに色付きアイシングとカラーシュガーで飾るのが定番。学期末、小学校のあちらこちらのクラスでも、担任の先生が生徒と一緒に作っていました。それをおすそ分けしてもらったのがまた美味しかったんですよ~だから、家でも作りたかったのね~

食用色素は、値段が普通の三倍くらいした天然色素をわざわざ買ったのに、発色が悪くて失敗。。。色付けくらい合成でもカラフルな方が良かったな~
いっぱい作ったので、明日ピアノの先生にもプレゼントすることにしました。
それから、残りはメルボルンで迎えるクリスマスにRyon&Dadと一緒に食べましょう♡


Banner21_4 ←応援クリック、よろしく!

| | コメント (0)

2007年12月17日 (月)

自動車点検と初めてのバス

自動車を点検に出しました。
こちらでは車検制度がないので、点検は自己責任です。昨年の一月に点検してもらってから11ヶ月経ってしまいましたが、走行距離はほぼ次期点検に書かれた距離でした。
何より、今週末に一人で運転してメルボルンまで行くという大冒険を控えているので、その前に点検に出すのがベストだと思いました。
昨年は家から比較的近いKmartのAutoServiceに出したのですが、今回は車を買ったCar Yardから割引はがきが送られてきたのでそこに決めました。
さてそのCarYard、家からCityの反対側のちょっと遠い場所にあります。点検には5時間くらいかかり、代車はシーズン的に出払っているとのこと。周りに時間をつぶすような場所もなく、バスを使って一旦家に帰ることにしました。
Bus_2_2 さて私、こちらに来てからこの1年半、一人でバスに乗ったことがありません。(職場の先生と一緒に乗ったことが2回)
ちょっと緊張しました。路線図を一応研究しましたが、City内の路線は複雑で分かりにくい。。。これは運転手さんに聞くしかないな。。。
点検の受付で一番近いバス停を教えてもらい、そこからバスに乗りました。
しかし、緊張などする必要まったくありませんでした。運転手さんがみんなとても親切なのです。
最初のバスでは、乗ってすぐに路線図を見せながら自分の家の町名をいうと、運転手さんはすぐにはバスを発進せずに行き方を一通り説明してくれて、Cityの乗り換え場所では、終点で他の客を全員降ろしてから乗り換えのバス停が見えるところまでバスを走らせながら教えてくれました。
さて家から車を取りに行くときのバスの運転手さんもやっぱりすごく親切で、Cityの乗り換え地点に着いたら次のバスの番号を私の路線図の余白に全部書き上げてくれBus_1ました。チケットが二時間はどのバスでも有効なのも、知っているのに降りたあとにあわてて大声で叫んで教えてくれました。

    Junはバスの待ち時間にもDS。。。→

Junと二人で初めてのバス、なかなか楽しかったです。乗り換え時に10~20分も待たされる時は面倒だけど、時間はほぼ時刻表通りだし、City内は路線も張りめぐらされていて思ったより便利そう…それに何より駐車場を気にしなくていいのでなんだか身軽な気分でした。
アデレード滞在も終盤を迎えて初のバス体験でしたが、なかなか便利でもっと利用しても良かったかな、と思いました。
でも、車が返ってくるとやっぱりその便利さを実感。車があるとバスなんて乗らないですよね~やっぱり。。。


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

2007年12月16日 (日)

Jun's Birthday Party ~残骸編~

総勢子供9人(送り迎えで立ち寄った大人や兄弟も入れれば30人くらいかも…)で賑わったパーティーも、終了時間の4時を過ぎてから、一人また一人と減っていき、最後はポツンとJunと私の二人だけに…さっきまであんなに賑やかだったのがシーンと静まり返って、なんとも寂しい…
Juns_birthday_party_9一番の残骸はPinata…
Junの大好きなフラフープはボキンと折られ、他にもいくつかおもちゃが壊れてしまったとか。写真は撮らなかったけど、リビングもクラッカーから飛び出した紙くずやプレゼントのパッケージなどが散乱してそれはすさまじい残骸の山でした。。。
は~、しかし疲れた…掃除は一休みしてからにしましょ。。。

Juns_birthday_party_26テーブルの食べ残しもなんだか寂しい…
ご自慢のケーキの残骸…でも、これはJunと二人でまたゆっくり味わって食べ、パスタやフルーツパンチも残ったおかげでしばらく台所仕事から解放され、ちょっと嬉しかったかも~

Juns_birthday_party_24日頃は$3ほどのガラクタみたいなおもちゃでもなかなか買ってもらえないのに、今日ばかりは一度にこんなにプレゼントがもらえてJunには本当にHappyな日でしたでしょうね。でも、帰国も近づいてるのにこんなにものが増えて、片付けさせるのも大変…

ロングホリデーに入ってしまって(それでも実際の誕生日より5日も前倒しして開催したのですが…)出かけてしまう子もいるだろうし、私の職場ということで選んだ学校なので家も他のお友達とはずいぶん離れているし、それに何よりまだ英語も下手なJunのこと、学校では仲良くしているといってもパーティーなんていったいみんな集まってくれるのかしら、ととても心配しましたが、招待したお友達のほとんどが来てくれました。しかも、この日は別のクラスメートもパーティーをしていたとか(はしごで最後の一時間だけ来てくれたお友達が一人だけいました)、にもかかわらず7人ものお友達が最初からJunのパーティーに来てくれました。
Belairに転校してわずか7ヵ月、最初は友達が出来るかどうかも心配していたのに、本当に嬉しいことです。今日のパーティーはJunにとっても私にとっても一生の思い出になることでしょう。。。  


Banner21_4 ←長々とパーティー記録にお付き合いいただきありがとうございました。最後にポチッとよろしく♡

| | コメント (0)

Jun's Birthday Party ~エンターテイメント編~

さて、いよいよパーティーの様子、エンターテイメントとして用意したものと一緒にご紹介します。
6~8歳の男の子が集まれば放っておいても自分たちで遊んでくれるのであまり神経質にはなりませんでしたが、それでもただ遊びに来たのでなくパーティならではの何かお楽しみもあってもいいかな、といつくか用意しました。

Juns_birthday_party_3やっぱりバースディパーティーのメインはケーキのロウソクの火を吹き消すシーン。
♪Happy birthday dear Jun~Happy birthday to you~♪の後は、「Hip! Hurray! Hip! Hurray! Hip! Hurray!」がオージー式。いいですよね~これ。私も職場でしてもらったけど、嬉しいですよね、この瞬間は、みんなに祝ってもらってるって感じで。そうそう、クラッカーも人数分用意してパン、パン、パ~~~ン!!と盛り上がりました。
Juns_birthday_party_4
なんでJunが主賓席にいないのか?って…本人が恥ずかしがって「ここでいい~」って動かなかったんですよ…

Juns_birthday_party_1_2 食事のときは、みんなプロジェクターのスパイダーマンの前に座って食べました。まるでJunの大好きなピーター・パーカーも一緒に記念写真に入ったみたいですね…

特別なお楽しみとして一つ目に思いついたのは、ヨーヨー釣り。Blackwood小学校の日Juns_birthday_party_13本風運動会で、生徒たちが大喜びだったのでこれはパーティーでも使える!と思い、風船を10個だけ分けてもらいました。ビニールプールなどないのでバスルームの浴槽でしました。
これが予想以上に大盛況。釣りそこなった子に新しいフックを与えると喜んで何度も何度も挑戦していました。
(写真はパーティー終了後の残骸ですが…)

Junが自分で企画して用意したのは、Pass the parcel。
小さなプレゼントが包みを破れば一個ずつ出てくるように何重もの層にして一つの包みに包んでおいて、子供たちが輪になって座り、その包みを曲に合わせて回していき、曲が止まったときに手元に包みを持っていた子が紙を破って最初に出てきたプレゼントをもらえる、というものです。これはお友達のパーティーでも定番だったようですが、私は知らなかったので、全部Junに任せていました。包むのが下手で最初の紙を破ると中のプレゼントがいくつか見えてしまい、子供がプレゼントを選り好みしてしまうというハプニングもありましたが、やり方をよく知っていたKyteくんパパのMichaelさんが「最初に手に触れたものをとること」と指示してくれて、何とか上手く治まりました。(私は曲を止める係りに忙しく、写真は撮れませんでした。。。)

Juns_birthday_party_6_2 パーティーの締めくくりは、Pinata。
でも、これがちょっと失敗。普通のPinataだと思い込んでいたので、目隠しして叩き割るというやり方をしました。ま、やってるときはみんなそれで楽しんだのですが、あとから説明書を読むと、ぶら下がった紐を一人一本ずつ引っ張ると、そのうちの一本だけがパカッと底が抜けて中の飴が出てくるという仕掛けだったのです。
道理で…いくら叩いても割れないので、みんな叩きまくり、最後には「Kill him! Kill him!」などと叫びながらボコボコにしていたので、Spiderman大好きのJunは「正義の味方やのに、なんであんなこというんや?!」と不機嫌になってしまいました。出てきた飴を取り合う様子もあまり快いものではありませんでしたね。。。Juns_birthday_party_27

最後に手土産に配ったロリーバックをご紹介。こんな風に飴や風船などを入れて配るのが定番です。
奇をてらって虫の形に作ったけれど、すぐに帰らない子は渡した瞬間に「Yeah~!! Lolly! Lolly!」と食べ始め、「なんだよ、これ、めんどくせ~」と言わんばかりにむしり取ってたのが、ちょっと悲しかった。。。

初めてのパーティーは、これは大成功だったな~、これはちょっと失敗かな~、次はこうしよう、ああしよう、などといろいろ教訓を得たのですが、もう次ってないんですよね。オージーキッズを集めてのパーティーなんてたぶんこれが最初で最後になるでしょう。。。そう思うと、とても寂しいです。


Banner21_4 ←パーティーの記録ばかりでスミマセンが、応援クリックよろしく♡

| | コメント (0)

Jun's Birthday Party ~料理編~

さてパーティーで出した料理は…

オージーキッズばかり集めてのパーティーなので、メニューには悩みました。
家で開くことにした理由の一つは、手作りの料理でもてなしたかったこと。こちらのパーティーの定番はファストフード店メニューにあるようなフライドポテトやチキンナゲットなどですが、もう少し手作りのものを、と思いました。それから、市販のケーキが美味しくない(ずっしり重くてとにかく甘い)ので、ケーキだけはどうしても手作りしたかったのです。
でも、いざメニューを決めるとなると難しい。。。ピザなど簡単につまめていいかな?と思いきやKyteくんのバースデイパーティーでKanaeさんも同じことを考えてピザを出したらあまり人気がなかったとのこと。男の子が大勢集まると遊ぶのに夢中でそんなに食べないとの話もきき、肩の力を抜いて簡単なものにすることにしました。
で、メインはパスタに決め、味はJunのリクエストでミートソースに…ま、オーソドックスなメニューですが、オージーキッズもよく食べてくれたのでよかったJuns_birthday_party_11かな…
  →パーティー当日は、朝からバタバタで、準備も間に合わず、かなりパニクってしまいました。
だかり写真を撮る余裕もなく、写真のほとんどはパーティー終了後に残ったものです。。。


日本人らしさも出しておにぎりでも作ろうかとJunに言うと、学校のランチではお寿司の方が人気があるとのことで、巻き寿司も出すことにしました。
Juns_birthday_party_14 酢飯や具を用意しただけで間に合わず、巻くのはパーティーが始まってからAyuko先生とKanaeさんに手伝ってもらいました。。。
これが以外にも大好評。四本巻きましたが、あっという間になくなってしまいました。(写真は今日のものではありません…)
Junが自分の箸を使うのを見たオージーキッズたち、「僕も箸が使いたい」「僕も」「僕も」とキッチンに押しかけてきました。上手く使えなくて「Junが使い方を教えてくれない」と半泣き状態になる子も…やっぱり子供って、めずらしいものに興味があるんですね。カワイイ♡Juns_birthday_party_12

Ayuko先生が、手作りのコーンとハムとマヨネーズのパンを持参して彼氏と一緒に手伝いに来てくれました。こちらでは見かけないなつかしい味のパンで、美味しかった~♡
(写真はやっぱり残り物で、スミマセン…)

Juns_birthday_party_10 デザートにはフルーツポンチを作りました。
こちらのゼリーってぐにょぐにょ固いので、日本風のふるふるの食感のものをオージーキッズに食べさせてやろうとこだわってゼラチンと寒天をミックスして作りました。気合を入れて三色(オレンジ、メロン、杏仁豆腐)も作り、「どーだ!!」って気分だったのに、あまり人気ありませんでした。。。とくに杏仁豆腐は 「Egg white! Egg white!」とみんなでJunをおちょくって食べてくれませんでした。ん~、難しJuns_birthday_party_5い…

そして、私の自信作、ケーキです!!
残念ながらケーキだけの写真をとるのを忘れたので、Junがろうそくを吹き消す前の写真をひきのばして…→
スポンジケーキはネットで検索してふわふわレシピで作ったのですが、これが本当にぴっくりするほどふわふわに出来て嬉しくなってしまいました。二枚にスライスして間にクリームとイチゴを挟み、まさしく日本のケーキ風。これはオーストラリアでは食べられない味です!!
市販のスパイダーマンの絵のアイシングシートを載せて、周りをクリームでデコレーションしたら、見た目もまるで市販のケーキのようにきれいになりました。我ながらちょっと感動するほどの出来栄え!!

Junのお友達を我が家に招待しての初めてのパーティーは、ざっとこんな感じでおもてなししました。


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

Jun's Birthday Party ~飾りつけ編~

みんな大きなお家に住んでいるBelair小学校のお友達を狭い我が家に招いてのパーティー。少しでもパーティーらしい雰囲気を出すためにJunと部屋を飾り付けました。Juns_birthday_party_25_2

パーティーのテーマはJunの大好きなSpiderman。
  →二週間くらい前に配った手作り招待状


まずはリビングとダイニングの間の扉の上に市販のバナーを飾りました。
Juns_birthday_party_7_2ぶら下がっているスパイダーマンが気に入ってもっとたくさん作ろうということになり、パソコンでスキャン、プリントアウト、裏表を貼り付けてラミネート…と手の込んだものを作りました。↓Juns_birthday_party_19_2

全部Junが自分で紐をつけてぶら下げました。玄関からリビングへの入り口です。

Juns_birthday_party_18それから、定番のくさり。私がお料理をしているときにJunが一人で頑張って作りました。スパイダーマンカラーの赤と青です。
(リビングの窓の上。)
Juns_birthday_party_20
窓と反対側の壁にも…全部で10m以上のくさりをJun一人で作りました。ガンバッタネ…

玄関にも目印を…
Juns_birthday_party_23_3通りに面して家の番地の書かれたメイルボックスには、ヘリウム風船をくくり付けました。いかにもパーティーっぽくてよかったのですが、パーティーの途中で切れて飛んで行ってしまい、写真はありません。(買った直後にパーティーグッズ屋さんの前で撮った写真のみ…)Juns_birthday_party_21_2
 
そして最後にパーティーらしく風船をいくつか床にばら撒きました。
あとはリビングにBGM代わりにスパイダーマン3の映画をプロジェクターで映しておきました。これがなかなか良かった。べったりかじりついて見るでなし、遊びつかれたり食事のときには大人しく画面に見入ってくれ、手持ち無沙汰になることもなく、いい効果がありました。

パーティー用デコレーションはざっとこんな感じです。スパイダーマンで渋くキメ、派手すぎず地味すぎずまぁいい感じだったかな…


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

2007年12月15日 (土)

パーティ準備

明日のJunのバースデイパーティの準備に大わらわです。
昼間は家の片付け、掃除をし、午後は買物、夕方から家の飾りつけ、お土産用のロリーバックを作りました。夜はケーキを焼いて、フルーツパンチ用のゼリーを三色作り、パスタ用のミートソースを煮込みました。
ブログに書きたいこともあるのですが、時間がありません。
パーテイが終ったら少しのんびり出来るので、またさかのぼってアップしたいと思います。


Banner21_4 ←パーテイが上手くいきますように、みなさま応援よろしく♡

| | コメント (0)

パーティグッズ屋さん

Juns_birthday_party_15さすがはパーティー大好きの国、町にはちらほらパーティーグッズだけの専門店があります。
昨日はピアノレッスンの帰り、以前から目をつけていたかなり大きなパーティーグッズ屋さんに入ってみました。
Juns_birthday_party_17 店の中は、とにかくパーティーに必要なグッズばかりが所狭しとぎっしり…
パーティーを開かなければ縁のない店かと思っていたけれど、プレゼント用の包装紙やリボン、カードなども種類が豊富だし、部屋のデコレーション用グッズもいろいろあって見ているだけでも楽しいです。
それに、ケーキを飾ったりするための製菓用チョコレートや製菓道具なども他の店にはないものがいろいろあり、小麦粉なども多種揃えてありました。お菓子作り大好きの私には、これからも訪れたいお店だと分かりました♡Juns_birthday_party_16
今日買ったものは、家の目印用にヘリウム入り風船、スパイダーマンのPinata(中に飴などを入れてスイカ割りのようにたたいて割るゲーム)、ケーキの飾り用スパイダーマンの絵のアイシング、バースデイ風船一つ。
Junのパーティー準備は、今週に入ってからスーパーやホームセンターでいろいろなものを買い揃え、今日は何か他におもしろそうなものがあれば…くらいの気持ちで入ったのに、50ドルも使ってしまいました。
パーティーってお金がかかるなぁ…でも、一生に一度の思い出になるかもしれない今回のパーティー、少々の出費は仕方ないですよね。。。


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

2007年12月13日 (木)

DS

もう1ヵ月くらい前のことですが、ついにJunにDSを買い与えました。
おはずかしいんですけど、まったく親のエゴと言いますか…本人はそんなに欲しがってもいなかったのに、まったく私の思いつきで、誕生日でもクリスマスプレゼントでもなく、突然学校の帰りにKmartに寄って買ってしまいました。
日本に帰れば、どうせ友達の影響で買わずには済まないものとは思っていました。でも電源や日本語対応かどうか、など考えると、わざわざオーストラリアで買わなくても、と思っていました。
でも、ふと、買うならこちらにいる間の方がいいと思い立ったのです。
身寄りも友人もいない異国の地に母子二人だけで暮らして、どこへ行くのにもJunを連れ回し、時には仕事関係の場、子供には居心地の悪い場へも連れて行くことがありました。長時間になりそうなときは退屈させないように毎回折り紙やお絵かきの道具など持たせるようにしていましたが、それでも退屈して、私が他人と大切な話をしている最中に割り込まれることも多々ありました。
メルボルンまで車で行くことを決めてから、車中でJunを退屈させないためのこともいろいろ考えていました。
そんなとき、ふとJunが「spiderman3のゲームが欲しい」と言ったので、パッとひらめいたのです。DSならどこへでも持っていけて長時間Junを退屈させずにいられる絶好の道具だと。
それにこちらで英語しか入っていないソフトを買えば、帰国後も少しは英語力をキープするのに役立つかもしれない、などと姑息な発想もあったりして。。。

しかし…
本人がそれほど欲しがっていなかったのでゲーム漬けになるような心配もないだろう、などと思っていたのが甘かった。。。
放っておいたら、暇さえあればやってます。。。
キッチンタイマーでもセットしてベルが鳴ればやめる、などと決めなければ、延々とやってます。。。
教科書もノートも筆箱も持っていかないこちらの学校。かばんの中は、ランチとリセス(おやつ)とドリンクとDSです。Ds_kids
放課後は、校庭の片隅で仲良しのKyteくんとやってます。
通信で対戦したりしてます。ソフトの交換などもしてます。
うわ~、恐怖のJapanese kidsです。。。
(一応オージーキッズもやりますよ。Junの友達も持ってるし、6/7年生でも学校遠足のバスの中でずーっとやってたってYoshi先生がぼやいてましたから。。。でも、なんかJapanese kidsって独特の雰囲気がありますね。何なんでしょうねぇ~)

ったく、自分の都合でこんなもん買い与えて、困った親ですねぇ…。
それでもって、「Yes! I got it! Oh! No! I'm angry!!」などと叫びながらゲームに没頭しているJunを見て「おぉ英語しゃべってる~」などと喜んでるんですから、親バカもいいとこですね。。。


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (1)

2007年12月11日 (火)

スマートボード

先週、Belair小学校のあちこちの教室でガタガタと工事がされているかと思うと、な、な、なんと、Smartboardが全教室に入りました。各クラスルームだけでなく、日本語教室もです!!
このSmartboard、本当に優れものです。
簡単に言うと、パソコンとプロジェクターとタッチパネルが合体したようなもの。
まず、パソコンの画面をそのまま教室で生徒全員に見せることができます。Smartboard_1
パワーポイントなどプレゼンテーションソフトで作った教材はもちろんのこと、ただのワードやエクセルなどの文書、インターネット上のサイトなども簡単に授業で使えるわけです。
今日もAyuko先生が折り紙の手順を動画で見れるサイトを使って授業をしていました。
ボードはタッチパネルになっていて、キーボードやマウスを触らなくても指でボードをタッチするだけでクリックやドラッグその他全てのパソコン操作ができます。ボード上にキーボードを映すボタンもあり文字入力もボードの側に立ったままでできるのです。
Smartboard_2さらにSmartnoteという描画ソフトで、付属の4色の電子ペンでボード上に文字を書くことが出来ます。つまり白板代わりにもなるのです。消すときも白板消しでくまなくこすらなくても消したい部分を囲んでポンとタッチするだけで一瞬で消すことができます。
自分の書いた文字を指で触れてドラッグすれば画面上を自由に動かすこともできます。
たとえばボードに○△□を描いて、ランダムに「まる」「さんかく」「しかく」と書き、生徒を指名して指でドラッグさせて形と文字をマッチさせる、これだけでも一つの教材になるというわけです。
教具としての活用性を挙げればきりがないほどです。
(写真は画面の明るさにカメラが反応して部屋が暗く写っていますが、実際はこの日本語教室には白い薄いカーテンしかないのでノートがとれる明るさです。)Smartboard_3

   →これは書道の準備段階で私が作ったひらがな・カタカナ・漢字(日本語表記法)についてのプレゼン教材の一画面。Junのドラえもんのカラーページをスキャナで取り込んで日本語が日常どんなふうに使われているかを見せるのに使いました。生徒たちはこの漫画の画面には特に関心を示して、反応が大きかった。これを使ったのは大成功だったと思います。

さて、このSmartboard、今までの11クラスに入っていただけでも「進んでるな~」と思っていたのに、これが全教室に入ったのです!!Belairはただの公立小学校ですよ。
日本って、まだ一台も入っていない学校がほとんどですよね。
この差はいったい何なんでしょう。教育現場でのメディア機器導入、完全に立ち遅れてますね。どうにかしてほしいですね。


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (2)

2007年12月10日 (月)

School Picnic

いよいよ四学期のWeek9、今年も最終週になりました。
今日はBelair小学校のJunior Primary School (Reception~2年生)で、Picnicに行きました。行き先は、学校のすぐ裏にある広大な敷地のBelair National Park です。
すぐ裏と言ってもこの真夏の炎天下に低学年の子供たちが歩くのには遠すぎるとのことで、父兄に送迎の車を募る手紙があったので、私も名乗り出ていました。

Belair National Parkは、以前にも行ったことがありました。園内は広大ですが、今日行ったのも結局前と同じ子供のPlayground Areaでした。
Belair_national_park_picnic たくさんの木々に囲まれた本当にいい場所です。前回同様、野生のエミューを見れたし、今日はコアラも発見。私は見れなかったけれど、他のお母さんの話ではカンガルーも出たとか。すばらしい自然のとてもいい公園です。
今日は、天気もよく、日が陰ると少し寒いくらいの涼しさで、絶好のPicnic日和でした。
Belair_national_park_2_picnic
今日も、Junがお友だちと楽しく遊んでいる様子が見られました。

Belair_national_park_3_picnic クラスメートと輪になってグリップボールもしました。
子供たちだけでしたけど、退屈だったので私も入らせてもらいました。ボールが回ってくると「Hidemi! Hidemi!」と皆が呼んでくれます。始めの頃は、子供たちに呼び捨てにされるのに少し違和感もありましたが、最近はすっかり慣れて、これが心地よい響きに感じるようになりました。
ランチも、クラスごとに子供たちと他の父兄と輪になって座って食べました。

私は一日の大半をぼ~っと子供たちが遊んでいるのを眺めて過ごしましたが、大自然の中での~んびりできました。
出勤日にこうして学校行事に参加し、我が子Junと一緒に過ごすこともできて、役得ですね~♡


Banner21_4 ←応援クリック、よろしく!

| | コメント (0)

2007年12月 9日 (日)

Kieran バースデイ・パーティー

なぜかJunのクラスはバースデイ・ラッシュです。
先週のAshtonに引き続き、今日はKieranのバースデイ・パーティーに呼ばれました。
そして来週はいよいよJunのパーティーを計画しています。クラスメートのオージーキッズ8人くらい招待しています。日本よりも子供のバースデイは盛大に祝うのがこちらの習慣。普通は家族や親戚にも手伝ってもらうようですが、私は一人で切り盛りしなければなりません。ケーキやお料理を作って、家の中を飾り付けて、ロリーバック(飴を袋につめたものでこちらのバースデーのおみやげの定番)も作らないといけないし、何かエンターテイメントも考えなきゃ…ひゃ~、もう、今から緊張してしまいます。
今日のKieranも自宅でのパーティーだったので、ちらっと中の様子を見させてもらいました。そんなに派手に飾り付けてあらず、ただみんな集まって一緒に遊んで楽しく過ごしたって感じだったので、ホッとしました。たぶんウチもそんな感じになるでしょう。

最近、Junは本当にクラスのお友達と仲良くなって楽しそう。
今日も、行くまでは「知らない子ばっかりだったらイヤやな~」と少し緊張していましたが、Kieranの家に入るなりクラスメート数人を発見して大はしゃぎで家の奥へと消えていきました。
Kierans_birthday お開きの5時を少し遅れて迎えに行きましたが、お友達と遊ぶのが楽しくてなかなか帰ろうとしませんでした。
←食べ残しのケーキにおもちゃをつっこんで遊んでいる。。。
結局、帰るまでに30分以上待たされてしまいました。Junを見ているとホント楽しそうだし、英語のことも考えると日本につれて帰るのがもったいなくなります。。。


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (2)

2007年12月 8日 (土)

アガパンサス

1ヵ月くらい前に満開だったジャカランダの花はすっかり散ってしまいました。
あの町中を紫色に染めるゴージャスな花はもう見ることができません。
でも、今はまた別の小さな紫色の花が町のあちこちで見られます。
Agapanthusの花です。
Agapanthus_1 これは、家の裏のユニットにつながる通路沿いに植えてあるもの。ちょうどキッチンの窓から見えます。
こちらでは人気の花らしく、町中いろんなところで見かけます。

Agapanthus_2 実は、三ヶ月くらい前にBrigitteと一緒に彼女のお友達の家から数本もらってきて、家の庭にも植えてあるのです。すっかり根付いて葉っぱは青々と茂ってるんですけど、残念ながら花は咲いていません。来年は咲くかもしれないけれど、せっかく植えたのに自分では見られないのかと思うと悲しいです。。。


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

2007年12月 7日 (金)

恐るべしオージークッキング

先週のことですが、高校勤務の日、現地日本語教員の一人(日本に住んだことのないオージー)が、授業の直前にすごい荷物をもってやってきました。
私の顔を見てニコッと微笑み、「今日は寿司とお好み焼きを作るわよ」
「寿司やお好み焼きなら、授業で何度も作ったことがあるから前もって言ってくれたら、いろいろ手伝えたのに…」と私。
彼女は「急に思い立って。それにもう年末であなたが来るかどうか分からなかったし…」と言いながら、用意してきた材料をドサッと机の上に広げました。
大きなボール一杯のすでに炊いてある冷たいごはん。
「もう味付けもしてあるの?」
「まだよ。でも、みりんなら持ってきてあるから…」
「え?」(みりん??????????みりんって、あなたー…)
「Sushi vinegarは?」と、恐る恐る尋ねると…
「Oh…(と、ここで初めて自分の勘違いに気付いた様子)、家庭科の先生に聞いてみるわ、なかったらごはんだけで作りましょう」と言って、彼女は慌てて酢を探しに行きました。
(げ~、ただのごはんで巻くなんてイヤだよ~~~)と心の中で叫びながら、彼女の持ってきた他の材料を見てみると、そこにあったのは、ニンジン、たくあん、ツナ缶、紅しょうが、アボカド、マヨネーズ、おたふくお好みソース、お好み焼き用ミックス粉、卵。
(お好み焼き作るって、キャベツも肉も何にもないじゃん…)
そこへ戻ってきた彼女。「Vinegarがあったわ」
ラベルを見るとただのrice vinegarだったので、大急ぎで職員室の塩と砂糖を取ってきてもらって味をみながら適当に混ぜて、冷めて固まったごはんにドボドボとかけて混ぜました。なんという作り方…でも、それなりに酢飯の味になったので、まっいいか…どうせ食べるオージーキッズたちも味なんてわかりゃぁしないし…と開き直るしかありません。。。
そうそう、それよりお好み焼きの材料よ、と思い出し、「ところで、キャベツは?」と尋ねると、またしても「Oh…」なんでも、二玉も買って、家に忘れてきたとのこと。(オイオイ、たのむよ~、と、もうこの時点で肉のことなど尋ねる気も失せた私…)
彼女曰く、「キャベツなしでも似たようなものができるでしょ?」
(イヤだ~、イヤだ~と泣きたい気分だったけど、ふとたこ焼きをイメージして、キャベツがなくても食べられないこともないか、と思い直しました。それに、せめてもの救いは、おたふくソースがあること、ソースさえあれば、ごまかせるでしょう。。。)

ということで、日本人としては許せない邪道クッキングで寿司とお好み焼き(と呼べるのか?ミックス粉を水と卵で溶いて焼いただけ)を作りました。
でも予想通り、生徒たちは美味しい、美味しいと大喜び。は~、味の分からないやつらめ。。。
しかし、私の知らないところでこんな料理をやってるオージーがたくさんいるんだろうなぁ…今日だって、私がいなかったら、みりんをぶっかけたごはんで巻き寿司作ってた訳だし…ひゃ~、恐るべし、オージークッキング。

(嵐のような90分でした。当然写真などありません。。。)


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (2)

2007年12月 5日 (水)

小学校でディスコ

今日、Belair小学校でDiscoが催されました。
Junior Primary Students(5歳児のレセプション学年~2年生)は、午後6~7時、Primary Students(3~7年生)は7時15分~8時45分、と二部に分けて行われました。
放課後いったん帰宅し、二時間ほどくつろいだ後Junを私服に着替えさせ、再び学校へ連れて行きました。
Discoの参加費は$5(学校のイベントなのにお金がいるのかい?!)、お金を払って会場の体育館に入ると、中ではフラッシュリング$2、フラッシュボール$3が売られていて、それもみんな買っているのでJunにも一つ買い与えました。最後に缶ジュースが一本配られましたけど、結構な出費ですね。。。Disco
さてDiscoです。小学校のイベントとはいえ、結構本格的な雰囲気。知らないおじさん(たぶん生徒の親のボランティアでしょう…)がマイクでDJをし、ロックミュージックをガンガン鳴らし、薄暗い会場に色とりどりの照明を点け、生徒たちもノリノリで踊っていました。
でも、Junたち男子の多くは踊るよりもあばれて遊んでいるだけって感じでしたけど…こんな夕刻にお友達と一緒に過ごせるだけで嬉しくて楽しくて、Discoの雰囲気の中で大興奮でした。
私自身も見ているだけで楽しくて、一時間があっという間に終ってしまいました。
日本の小学校ではちょっと想像もできない光景ですよね。
日本って学級活動とかが盛んで、行事も準備にたくさん時間を費やして"皆で一丸となって何かを作り上げる"っていうものが多いですけれど、こちらではむしろ"行事そのものの時間を楽しく過ごす"という感じですね。
でも今日のイベントは教師が夜の9時まで張り付いてるみたいで大変そうです。6/7年担任の先生と立ち話で「こんなの日本の学校にはないから面白いわ~」と話すと、「ない方がいいわよ」と言ってました。こういうセリフってどこの国でも同じだなぁって可笑しかったです。。。


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

2007年12月 4日 (火)

12月~もうすぐクリスマス

気がつけば、もう12月。今年ももうすぐ終わりですね。
今の気候はというと、晴れると日中は日差しが強くてかーっと35℃くらいになって暑いけれど、夜にはフリースの上着を羽織るほど寒くなる。朝も半袖で出勤すると寒い日もあります。
日本のように衣替えの出来ない気候です。
さて、こちらは夏ですが、やはり西欧文化の国。町中クリスマスの飾り付けが華やかです。
Belair小学校の玄関にも、1ヵ月くらい前からこんなクリスマスツリーが飾られています。
Chrismas_tree
きれいでしょ?
最近は日本でもクリスマスの飾りつけって華やかで、マンションのホールなんかに大きなツリーが飾ってあったりするけれど、さすがに学校の玄関にはまだこんなツリーは置かないですよね。
でも、このツリーをはじめて見た時はなんだかとても嬉しくなりました。大人になっても、クリスマスってうきうき楽しい気分になるものですよね。

Chrismas_tree_2


放課後のひととき。
仲良しのKyteくん、妹のLilicaちゃんと。。。

今年のクリスマスは、メルボルンでRyon&Dadと落ち合って一緒に過ごし、それからタスマニアを旅行する予定です。もうすぐですね~、楽しみ~♪


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

2007年12月 3日 (月)

書道掲示

今日、Belair小学校で最後の二クラスに書道の授業をして、3~7年生の全クラス(12クラス)の書道の授業を無事終了しました。
いや~、我ながらよく頑張りました。わずか40分の授業で、墨や半紙の説明をし、プロジェクターで筆使いのDVDを見せ、私自身もお手本に生徒の前で書いて見せ、生徒約30名に書をかかせるのは本当にたいへんでした。それに、担任の先生に教室に付いていてもらったものの、説明や指示はほとんど全て私一人でしました。準備と後片付けもです。
でも、生徒たちはみんなとても楽しんでくれて、普段は態度のよくない悪ガキたちも一生懸命字を書いてくれて、大変な思いをしたことなど忘れさせてくれる大きな満足感で終了することができました。Callygraphy_display
先週、前半の5クラスの作品からいくつか選んで掲示しました。玄関のすぐそば、校長室につながる廊下の壁という校内で一番いい場所です。
生徒の文字については書道と呼ぶには・・・( ̄  ̄;) ですが、なにしろ筆など持ったこともない子たちに20分ほどで練習と清書をさせたので、どうぞ大目に見てください。
Callygraphy_display_2 説明文も小筆で書いてみました。英語を筆で書くのって結構難しかったです。(文面は適当に書いた後Virginiaに添削してもらいました。)
エキゾチックな雰囲気がオージーに受けるのか、たくさんの先生に誉めてもらいました。
私自身も、今学期頑張った成果をこうして掲示して皆に見てもらえて嬉しく思います。
本当にいろいろ大変な思いをしましたが、頑張ってよかったです。

Banner21_4 ←がんばったね、お疲れさん、のワンクリックお願いします♡

| | コメント (0)

2007年12月 2日 (日)

Farewell Picnic

SAETL(South Australia Exchange Teachers' League 交換教員交流会)のFarewell Picnicがありました。Farewell_picnic
Welcome Picnicと合わせて、このピクニックに参加するのも3回目。場所も内容もいつもと同じでしたが、今日はなぜか参加者も少なく知っている人もあまり来ていませんでした。それでも、Houseboatなどで一緒に過ごした他国の教員たちが何人かいて、他の国から来た教員を見送るのもこれで二回目。なんだかまた取り残されるような寂しい気持ちになりました。
でも、教育省国際課のマネージャーに「君のFarewellは年明けのWelcome Picnicの時にやるからね」と言われ、「あぁ、私もいよいよそういう時期が近づいてきたな」と思いました。
今年姫路に派遣されるアデレードの先生たち幾人かとも話をしました。3月に帰国したら姫路でまた会えるので、今から仲良くしておこうと思って。。。

しかし、昨日は文化祭で一日潰れたし、今日はPicnic自体は12~3時の3時間ほどだったのですが、食べ物持ち寄りだったので、朝から巻き寿司を作って、なんだか疲れちゃいました。フルタイムワーカーの私には週末は体力充電の貴重な時間なのに…
しかも、明日は職場で、長年勤めた売店職員の退職Farewell Lunchとかでまた何か一品持って行かなければなりません。さすがに寿司はもう作り疲れたので、今から焼きソバでも作ります。。。こちらでよくある持ち寄りパーティー、結構めんどくさいですぅ。。。


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

2007年12月 1日 (土)

日本語補習校 文化祭

今日は、Junの日本語補習校の文化祭でした。
午前中は授業を受け、予約していたお弁当を食べて、午後1時Culture_festival4から発表会が始まりました。
       体育館の掲示物
Culture_festival5_2





発表会でのJunの唯一の出番、一年生は初っ端のプログラム1番。
出し物はまずクラスの皆で詩の朗読をし、そのあと一人ずつマイクをもって自己紹介(名前と好きなものを言っていく)、そして「大きなかぶ」の劇でした。Culture_festival
劇は、以前もらった役割分担にJunはKyteくんと一緒に「おじいさん役」と書いてあったのですが、おじいさんを演じるのはKyteくんで、Junはおじいさんが一人でかぶを引っ張るところまでのナレーション担当でした。
Junは、劇が始まって最初の、10行くらいの長いナレーションを滞りなく暗唱できました。
あとから聞くと、めちゃくちゃ緊張して心臓がドキンドキン鳴ったそうです。でも、見ていると落ち着いているようでそんなに緊張しているようには見えませんでした。わが子の成長を感じ、嬉しく思います。
Culture_festival_2 ←「うんとこしょ、どっこいしょ。」
 みんなでかぶを引っ張っているところ。Culture_festival_3


「やっとかぶは抜けました。」→

午前中から私もジュースなどの販売の当番が当たり、文化祭が終了したのは4時過ぎ。まる一日がかりの大きな催しでした。それぞれの学年が工夫を凝らしていい出し物を披露していて楽しく鑑賞できたのですが、今日のために先生や父兄や子供たち自身が準備に費やした労力を考えると、やっぱり日本の学校って行事に力を入れすぎじゃないかなぁと思ってしまいます。
文化祭、運動会、音楽会etc,一世一代の晴れ舞台を演出するかのごとく準備から当日まで莫大な労力を注ぎ込む。。。これって日本独特の文化なのかなぁ…(となるとまさしく「文化祭」…ってか?)


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »