« キーボード | トップページ | シェーグレン症候群 »

2007年1月29日 (月)

新年度新学期スタート

新しい年度の新学期が始まりました。
私にとってはこちらで初めての新年度新学期です。2~4学期の始業日は始業式もなく1時間目から平常どおり授業をしていましたが、さすがに新年度初日の今日は、朝一番に体育館でassembly(生徒朝礼のような全校集会)がありました。
校長先生が15分ほど話をされました。雑談をしていた生徒たちも先生が前で話し始めるとシ~ンと静まりました。ところが、お話の中で「ここにいる~名の生徒諸君におめでとうを言いたい」みたいな言葉が出るたびに生徒からどっと拍手がおこります。指笛が鳴ることもあります。盛り上がるところは盛り上がって、まるで政治演説でも聴いているような雰囲気でした。日本の始業式とはずいぶん違うな~と思いました。
校長先生のお話が終ると、集会も終わり、各学年に分かれての集会、その後は各クラスでのホームルーム、そして昼食の前後の5時間目と6時間目はさっそく授業がありました。で、7時間目はまたホームルームをして一日が終りました。
あーやっぱりシンプルで合理的。日本の高校の新年度当初だと、入学式、始業式、対面式、離任式、着任式…とにかく式典大好きですね、日本人って。それでもって、どの式典も大勢の先生が一人ずつ長々としゃべったり、新入生代表だの生徒代表だの出てきては国語の先生が用意した堅苦し~い原稿を読み上げて…国家や校歌を歌ったり、もう大変…。式典の後は、大掃除、ホームルーム、新入生は入稿訓練もあるし、上級生は課題考査もあって…えっと、えっと、まだまだ何かやってたなー、とにかくなかなかまともな授業が始まりませんよね。「授業時間の確保」なんて言うんなら、こういうところ、もう少し見直したらどうなんでしょうねぇ…。おっと、また日本の教育批判になってしまいました。。。
…というわけで今日から授業があったのだから、明日からは少々の特別時間割はあるにしてもほぼ通常授業スタートです。さぁ、私にとっては Marryatville High School は今学期で最後になります。がんばらなくっちゃ!!
さて、Junも今日から一年生に進級しました(去年のReception学年から)。でも先生も去年と同じ、クラスのお友達も大半が同じメンバーみたいです。朝の登校前は少し緊張気味だったけれど、帰りのお迎えに行ったときは去年と同じで元気に走り回っていました。Junにとっても Gilles Street Primary School は今学期が最後になります。 さぁ、Gillesでの最後の10週間、思いっきり楽しく過ごしてね~!!

(デジカメ調子悪いです。新学期のJunを学校で撮ったのに真っ白…壊れちゃったみたいです。…新調するしかないかも…え~ん、帰国中に買えばよかった…(涙)…)


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

|

« キーボード | トップページ | シェーグレン症候群 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キーボード | トップページ | シェーグレン症候群 »