« Ryon 2回目の水ぼうそう | トップページ | アデレードへ戻る前日 »

2007年1月10日 (水)

Junの通っていた保育園

今日はJunが通っていた白鷺園保育所を訪れました。一歳から4年間通った懐かしの保育園です。
引越しなどで退園される子供さんによくお別れのプレゼントを配ってもらったことがあったのに、渡豪前は急な受け入れ決定でバタバタしてしまってそういうことをする余裕がありませんでした。今回の一時帰国で小さなお土産を買って帰ってみんなに配ろうと私が提案し、Junも大賛成でお友達に会えるのを楽しみにしていたのです。Souvenir
いざ園に近づいて来るとJunは緊張して足取りが重くなりましたが、園に入るとお友達が「わー、Junくんやー!」と集まってくれて、すぐに緊張もほぐれてお友達と園庭を走り回っていました。9ヵ月の隔たりなど一瞬で埋まってしまって、毎日通っていた頃にもどって、私が応接室で園長先生とお話をしている間もずーっとお友達と遊んでいました。
お土産を配る時には、クラスのみんなで教室にJunと私を招いてくれて毎日練習しているリズム遊び(先生のエレクトーン伴奏に合わせてリズムを取ってお遊戯のようなことをする)を披露してくれました。Junの歳の子供たちはアデレードの学校では小学校最下級生で幼い印象でしたが、同じ歳でも保育園では年長組という立場で一番大きいお兄ちゃん、お姉ちゃんと自覚してしっかりして落ち着いているのに驚きました。
白鷺園は、絵本の読み聞かせに力を入れて、子供たちの心を大切に、無理のないあたたかい保育をして下さるすばらしい保育園です。重い障害を持つRyonも他の子と分け隔てなくあたたかく見ていただき、本当にお世話になりました。今日も園長先生の、保育に対する強い信念を窺い、クラスでの先生と子供たちの様子を見て、本当にいい保育園に子供を預けられたことを嬉しく思い、Junを年長まで行かせてやれなかったことを残念に思いました。
ほんのちょっと立ち寄って先生に挨拶をするだけのつもりが、2時間以上の長居をしてしまいましたが、先生方にも子供たちにも思わぬ歓待を受け、また園長先生のお話の中で子育てにおける大切なポイントを学ぶことができて、今日の訪問は本当に有意義だったと思います。


Banner21_4 ←応援クリック、お願いしま~す♡

|

« Ryon 2回目の水ぼうそう | トップページ | アデレードへ戻る前日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Ryon 2回目の水ぼうそう | トップページ | アデレードへ戻る前日 »