« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

大晦日

一生で一番大変だったかもしれない一年が終ろうとしています。
ちょうど一年前の今頃は、家族みんなでアデレードに行く日がいよいよ近づいてきたと期待に胸を膨らませていました。ところが年明けまもなくの1月中旬、教育省から受け入れを拒否され、それから3月までは交渉、交渉、抗議、抗議…結局家族揃っての渡豪の望みは叶いませんでした。本当に辛い辛い思いをして、涙を一杯流して、PTSDになりそうな精神状態の中で苦渋の選択をして、Junと二人だけのアデレード暮らしが始まりました。
でも、すべてを人生の糧にしようと決心して、必死で頑張りました。
アデレードに渡ってからは、周りの人たちの親切に支えられ、少しずつ仕事にも生活にも慣れてきて、何とか新しい生活を楽しみながら暮らせるようになりました。
本当に大変な一年でしたが、振り返ってみると、自分にとって、そして私たち家族にとって大きな意味のある一年だったと思います。
まだまだ課題は残っているし、この一年がプラスになるかマイナスになるかは、アデレードでの残りの1年3ヵ月、そしてこれからの自分の生き方に懸かっていると肝に銘じて、これからも精一杯頑張っていきたいと思います。


Banner21_4 ←応援クリックよろしく♡

| | コメント (0)

2006年12月29日 (金)

今朝、起きると外は雪が降っていてあたり一面うっすらとですが雪が積もっていました。
姫路ではそんなに雪は降らなくて積もるのは年にせいぜい2~3回ですが、40℃を超える真夏のアデレードからの一時帰国中に雪が見れるとは、ラッキーなのかアンラッキーなのか…
う~それにしても寒い…やっぱり日本の冬は寒いなぁ…Snow_2
3階まで吹き抜けの我が家のリビングでは、床暖房をつけてファンヒーターをがんがん焚いても部屋が温もらない…寒いのが苦手な私はヒーターの前にへばりついています。エアコンだけで過ごせたアデレードの冬の方がよかったなぁ~
SnowでもJunは大喜び。Dadと一緒に雪だるまを作ろうとはりきっていましたが、残念ながら朝食をとっているうちに日が照ってきて積もった雪はとけて無くなってしまいました。
私も、積もっているうちに写真を撮らなかったのは残念…

 

   

Banner21_4 ←クリックしてね♡

| | コメント (0)

2006年12月28日 (木)

凧揚げ

家族で家の近くの公園に凧揚げに行きました。先日ショッピングモールのおもちゃ売り場でDadがJunに買ってやった凧です。
今日は少し風があったので、よく揚がるだろうと言って出かけました。
Kite1 最初はちょっとコツがつかめず揚がりかけたかと思ったらストンと落下しましたが、だんだんコツが分かってきてJunでもうまく揚げられるようになりました。
Dadが揚げていて、風に乗ってどんどん揚がるので調子にのって糸を伸ばしていきました。Kite2
「すご~い! あんなに高く揚がったよ~!」とみんなで喜んでいた瞬間、ブチッと糸が切れてしまいました。凧は風に乗って、見る見る間に遥か彼方へと飛んでいってしまいました。
Kite3 「あ~あ…」みんながっかり…でも考えてみると糸はタコ糸ではなく細い化繊糸、切れて当然です。Dadに聞くと200円ほどの安物だったとか…しょうがないか…。
でも悔しいのでその後みんなで散歩がてら凧の飛んで行った方角へ探しに行きました。近くの姫工大の方へ飛んで行ったとDadが言うので、構内に入らせてもらって探しました。でも結局見つかりませんでした。
残念…でも、しばらくだけど、家族で楽しく遊べたし、散歩もして、すぐ近所なのに入ったことのなかった大学の構内まで散策できて、今日は楽しかったです。
家族離れ離れで暮らしていたので、こんな時間がとても貴重に感じられます。そう思うとJunと二人で行かざるを得なくなったアデレード派遣も、我々家族にとっていい経験かもしれない、とプラス思考で考えられるようになりました。


Banner21_4 ←応援クリックよろしく~♡

| | コメント (0)

2006年12月27日 (水)

家電ゴミ処理

古いテレビを姫路市のゴミ処理ルールに則って捨てに行きました。Kaden_recycle
市から配られたゴミ処理冊子を調べると、まず郵便局で家電リサイクル券を購入してから指定の引き取り業者まで持ち込むようにとのことでした。リサイクル券は品目やメーカーによって金額が違い、国産のテレビは全て\2835でした。物を捨てるのにこんな金額を支払わなければならないなんて…昔Dosの時代にパソコンモニターとして買った物でずっと使わずにじゃまになっていたので捨てることにしたけれど、テレビはまだよく映るしもっと他にリサイクルの方法があればなぁと思いました。これがアデレードなら大ゴミ回収前に家の前に放り出しておいたらすぐに誰かが持って行ってくれるだろうなと思いました。ガレージセールもよくやってるし。
日本ってやっぱり飽食の国だな。自動車だって、7年間乗ったルネッサは帰国後は下取りも厳しくて廃車して新車に買い換えようと思ってるけど、久々乗ってみるとオーストラリアだったらこんないい車を廃車するなんて考えられませんからね。
日本に帰って来て思うけれど、日本って狭い土地にたくさんの建物や人や車がひしめき合って何だかギスギスしていて「豊かさ」という言葉からは程遠い暮らしをしていながら、品物に溢れていてそれを飽食することで自分たちは豊かだと思い込んでいるような気がします。と、客観的に批判するのは簡単だけど、そう思いつつ自分も三千円も支払ってまだ映るテレビを捨てたのだからどうしようもありませんね…。


Banner21_4 ←帰国後ランキングも下がりまくり…
  応援よろしく♡

| | コメント (0)

2006年12月26日 (火)

Dadとデート♡映画「武士の一分」

Junは私の実家、Ryonは学童に預けて、夫婦水入らずでデート♡映画「武士の一分」を見に行きました。
いや~、面白かったです~!
行く前にネットでレビューなどを調べると、とても高い評価が多い中、「たそがれ清兵衛」の真田広之とキムタクを比較したきびしい評価もありました。私たち夫婦も以前「清兵衛」をDVDで一緒に見て、それまでに見た邦画の中で一番面白かったと言ってもいいほど感動したので、今回は期待と不安を抱きながら見ました。
でも、期待を裏切らず、すごく良かったです。山田洋次監督特有の「清兵衛」に似た雰囲気はありましたが、また違った物語で、キムタクの熱演ぶりには真田広之とは違う感銘を受けました。キムタクがあまり好きではなかったDadも「なかなか良かった、キムタクを見直した」と褒めていました。
それと、私の場合、久しぶりに言葉が100%理解できる邦画を映画館の大きなスクリーンで見れたのが嬉しかった♡ やっぱり字幕なしの英語の映画なんて100%は楽しめないもんなー

映画の後は、二人で昼食を取り、街をぶらぶらして、スターバックスで大好きなカプチーノとスィーツでお茶して、しっかり夕方までデートして帰りました。子供を他人に預けて、何遊んでるんだーって? ホントですね。でも、8ヵ月も遠く離れて暮らしていたのだから、一日くらいこんなデートもさせてもらってもバチはあたらないでしょう…ね♡


Banner21_4 ←応援クリックよろしく~♡

| | コメント (0)

2006年12月24日 (日)

我が家のささやかなクリスマス

「サンタクロースってほんまにいるんかなぁ…僕はいないと思うけどね…」
1ヵ月くらい前、Junがぼそっと私に言ってきた。
内心、ギクッ、そんな夢のないことを…小学校では3年生や4年生のおにいちゃんたちとも仲良くしているので時々ませたことを言うようになって来たが、まだ6歳、もうしばらくはサンタクロースくらい信じていてほしい。
「えー? どうして? 去年はちゃんとプレゼント持ってきてくれたやん。」
「そうやね、僕もほんまはいると思ったんや。」
あっさり、言うことを翻した。ホッ…でも、ちょっとカマを掛けられたような気分、これは油断がならない。Christmas_2
「今年はJunちゃんがアデレードにいるのか日本にいるのかサンタさんもややこしいからプレゼントはもらえないかもね…」
帰国のバタバタでプレゼントが用意できない場合の予防線を張っておいたが、もうしばらく夢を持ち続けさせるためにはやっぱり今年も何か用意してやった方がよさそうだ。
今日の午後、家族で買物に出かけ、おもちゃ売り場でJunにサンタさんにお願いするおもちゃを選ばせた。Kidsプレイコーナーで遊ばせているスキに子供をDadにまかせて大急ぎでサンタさんのプレゼントを買った。やれやれ、これで今年もサンタさんの存在は信じてくれるだろう。

買物をしているうちに夕方6時を過ぎてしまった。クリスマスディナーなど作るパワーもない。どうしよう…と悩んでいたらDadが「から揚げくらいなら作ったるで~」 わ~い! すっかり料理が得意になったDadに今夜も任せちゃお~♪
Christmas1
から揚げはケンタロウレシピで作ってくれました。それ以外に野菜サラダ、ポテトサラダ、スープも!! ありがたいことです♡

Christmas2 Dadが調理しているキッチンの片隅でじゃまをしないように小さくなりながら、私はケーキを作りました。1時間ほどのスピードクッキングなので凝ったものは出来ませんでしたが、一応生地からすべて手作り。今年もブッシュ・ド・ノエルです。


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

2006年12月23日 (土)

おばあちゃん&いとこ 来訪

Dad方のおばあちゃんとおばちゃんといとこのあっちゃん・ゆうちゃん(私から言うとお姑さん、小姑さん、義理のおいっこたち)がJunの誕生日のプレゼントを持って遥々伊丹と大阪から遊びに来てくれました。Grandma
自閉症のRyonは他人との関わりがあまり持てず歳相応の遊びも出来ないので、Junは普段はRyonといても一人っ子に近い状態…いことのあっちゃん・ゆうちゃんとは年に一回くらいしか会えないけれど、すぐに打ち解けて大喜びで遊んでいました。暴れたり騒いだり、日頃は静かな我が家もそれはそれは賑やかに…普通の男の子兄弟だと家の中がこんなに賑やかなのかと驚きました。
たまにしか会えないけれど、いとこの存在っていいもんだなぁーと思いました。


Banner21_4 ←クリックしてね♡

| | コメント (0)

2006年12月22日 (金)

小児科受診

今日はJunを連れて小児科に行きました。
アデレードでの8ヵ月、Junも私も健康に過ごし一度も医者にかからずに済みました。特にJunはオーストラリアに行くまでは月に一度は40℃近い熱を出していたのが不思議なくらい元気で「よっぽどアデレードの空気が合ってるんだね」などと言っていました。
それでもなんどか風邪の初期症状を経験しました。そのたびに行く前に小児科で処方してもらった抗生剤入りの風邪薬を飲ませていたのでひどくなる前に押さえ込んだのかもしれません。Antibiotic
ところが、暑い夏のアデレードから寒い冬の日本に帰ってきたとたんにJunにくしゃみ鼻水症状が!それで早めの受診とついでに事情を話して置き薬用に抗生剤入りの風邪薬を出してもらいました。今回は私の分も一緒にお願いしました。
抗生剤を信奉しすぎるのがよくないことは知っています。耐性菌に蝕まれた患者さんのドキュメンタリーを見た事もあるし…それでも風邪を引いた時、市販の薬だといっこうによくならないのが医者に出してもらった抗生剤入りの薬を飲んだ途端に治るという経験を何度もしていて、持っていると安心なのです。まぁできるだけ薬に頼らないようにしながら、残りの1年3ヵ月間、なんとか病気をせずに過ごしたいものです。
それから、Junの予防接種の必要がないか確認しました。実は1ヵ月くらい前、現地校でツベルクリン検査がありました。私がうっかりJunのかばんに入っていた書類に気付かず、検査当日Junに必ず先生に渡すようにと持たせたのをJunもうっかり先生に渡し忘れて、結局受けられませんでした。学校の先生からは「本当は全員受けなければいけないのだけどJunは一時滞在ビザだからいいでしょう」とのことで終りましたが、周りの日本人の生徒が皆受けていたのでちょっと気になっていました。ところが、今日母子手帳の予防接種記録ページを小児科で見せると「全く必要ない」とのこと。不必要な検査を受けずに済んでむしろよかったかも…で、唯一まだ受けていなかったおたふく風邪の予防接種をして帰りました。


Banner21_4 ←クリックお願いします♡

| | コメント (0)

2006年12月21日 (木)

Jun 6歳誕生日

今日はJunの6歳の誕生日です。
プレゼントはアデレードでレゴを買ってやったので今日はケーキだけ。いつもは私が手作りするのだけど、昨日帰国したばかりでパワーがなく市販のものを買ってやることにしました。
以前からテレビコマーシャルを見て「キャラデコ」(ケーキに仮面ライダーやボウケンジャーなどのキャラクターの小さなフィギュアがのせてある)が食べてみたいと言っていたので、今回は一時帰国中の特別ということで買ってやろうと思いました。
ショッピングモールの中にあるケーキ屋に言ってみると、キャラデコが何種類か並んでいましたが、どれも3500円くらい。高すぎ~!普通のデコレーションケーキが1500円くらいで売られているのを見たらキャラデコを買う気が失せました。Junには「おもちゃ売り場で小さい人形を買ってケーキにのせた方が絶対いいよ」と教えておもちゃ売り場へ…久しぶりの日本のおもちゃ売り場はJunには魅力一杯、キャラデコのことなどすっかり忘れておもちゃ選びに没頭していました。ケーキにのせられる小さなものということで恐竜の500円ほどのおもちゃを買いました。
さあ、もう一度ケーキ屋に戻ろうと思ったのですが、キャラデコでなく普通のケーキにするなら他の店に行きたくなりました。アデレードのケーキはあまり口に合わなかったので、せっかく日本にいるのだからどうせならおいしいケーキが食べたい!住宅街にある手作りケーキ屋さんまで行きました。
Jun_birthday_cake バースデーケーキだと言うと名前を入れてもらえ、恐竜をのせるスペースはなくなってしまいましたが、Junも名前の入ったケーキを見てそれはそれで喜んでいました。
久々に食べる日本のケーキ、美味しかった~♡ スポンジはしっとりふわふわ、クリームもフワッと軽くて口の中でとろけるような感じ、飾りのイチゴもオーストラリアのとは全く違って柔らかくて甘い!! あ~もぅ、やっぱりケーキはこれよ、これ!!
まぁ、人によって合う合わないはあると思うけど(Dadはアデレードのケーキを気に入ってたからね…)、私はスィーツは絶対日本の方が美味しいですぅー!!

あれ、ブログタイトルはJunの誕生日でしたね。 Jun_birthday
Jun、お誕生日おめでとう! ついこの前まで赤ちゃんだと思ってたのに、もうはや6歳なんて早いな~。6歳というと、幼児から少年へと変わっていく年齢…Momとしては嬉しいような、でもちょっと淋しいような複雑な心境です。
また、アデレードに戻ったら二人で頑張らなければならないけど、6歳のお兄ちゃんになったのだから今までよりたくさんMomを助けてね♡


Banner21_4

←JunにHappy Birthdayのクリック、よろしく♡

| | コメント (0)

2006年12月20日 (水)

8ヵ月ぶりの帰国

今回の行程 12月19日(火)  アデレード 13:05発 -  シンガポール 17:40着
                            シンガポール 19:35発 - バンコック 21:00着
                    バンコック 22:10発 -
                              12月20日(水) 関空 05:25着

シンガポール・バンコック経由でしたが、どちらも空港で過ごすのは短時間で、地上に着陸してロビーのソファでほっと一息つけるので、行程としてはいい印象でした。
ただ機内食が多すぎるのが難点。最初の飛行機で昼食と夕食が出て、それでもう十分なのにシンガポールからバンコック行きの飛行機に乗るとまたディナーが出てきました。インターネットでチケット予約したときに食事も特別メニューが選べたのでキッズミールとシーフードミールを予約しておきました。特別食なのに断るのも悪いので頑張って食べました。ところが、バンコックから関空行きの飛行機に乗るとまたもやディナーが!!アデレード時刻だと真夜中です。Junは離陸後すぐに眠ってしまい、私もさすがに食べる気がせず、手を付けずに返しました。せこいですけどチケット代に食事か含まれてると思うと損した気分…それに全く手を付けていなくてもそのままゴミ箱行きだろうし無駄だなぁ…あれはちょっと何とか考えて欲しいですね。

Kansai_airport 関空には予定より早く朝5時ちょうどに着きました。姫路行きのシャトルバスの始発が8:35発。どうしようかと思いましたが、入国審査や荷物のピックアップ、その後6時過ぎまでは椅子に座ってのんびりし、お店もぱらぱらと開き始めたのでうろうろしたり、携帯レンタルの手続きをしたり、スターバックスでコーヒーを飲んだりしていたら、それほど時間を持て余すこともなく終りました。
シャトルバスに乗り込んだらJunも私もすぐに眠ってしまい、気が付いたら明石を過ぎていました(Junは姫路に着くまで一度も目覚めませんでした)。シャトルバスを利用するのは今回が初めてでしたが、すごく便利で気に入りました。11時頃に姫路に着きました。

8ヵ月ぶりです。車で走っている時には道やお店が少し変わっていて驚いたりもしましたが、家に帰ると全く違和感はなく、8ヵ月も不在だったことがうそのような不思議な感じでした。


Banner21_4 ←「おかえり」のクリックよろしく♡

| | コメント (0)

2006年12月19日 (火)

いよいよ一時帰国当日

一時帰国当日になりました。
いつもは朝寝坊のJunも私も、少し興奮ぎみで7時半に起床。まずい機内食のことを考えて、おにぎりでも作って持っていようということになり、朝からご飯を炊いておにぎりを作りました。Junもたくさん手伝ってくれたので簡単に出来ました。
Chris.Hが空港まで送ってくれる約束で、10時に迎えに来てくれました。1ヵ月も家を留守にするとなると何かと気になって、忘れたことがないか不安で仕方ありませんでしたが、最後に家の中を一通り確認して10時過ぎに出発しました。
11時前に空港に着き、Chris.Hとは「一月に姫路で会いましょう」と言って別れました。

In_plane 今回の飛行機はシンガポール航空。In_plane_1
インターネットでチェックイン済みだったので、空港では時間的に余裕もあり、お土産屋さんを見て過ごし、最後にヴァロッサワインを一本買い足しました。

13:05発の便に乗り込みました。シンガポール航空に乗るのは初めてです。In_plane_2 各シートの目の前にテレビがあって自分の好きな映画が選んで見れるのが、何よりも嬉しかったです。Junが隣にいるにも関わらず、邦画・フランス映画・韓国映画の3本も楽しんじゃいました♡ (フランス映画・韓国映画の字幕は英語ですけど…)
航空券は安いし、時間帯も他の会社より便利だし、これからもシンガポール航空にしようと思いました。


Banner21_4 ←クリックよろしく♡

| | コメント (0)

2006年12月18日 (月)

一時帰国前日

いよいよ一時帰国の前日になりました。
朝からスーツケースに荷物を詰め込みました。と言っても、お土産ばっかりです。住み慣れた日本の家に帰るので、持って帰る物はとくにありません。

郵便物を差し止めてもらえるサービスがあると聞いたので、郵便局に手続きに行きました。指定した日の間、郵便局が郵便物を預かっといてくれて、最終日の翌日、輪ゴムで束ねて配達してくれるそうです。便利なサービスですが、24ドルも取られました。手紙なんて一週間に2~3通くらいしか来ないのに、痛い出費だなぁ…。

ついでに買物をしました。
持って帰るものは何もないと思ったけど、こちらで使い慣れてわずか1ヵ月でも持って帰りたいものが少しだけありました。Jurlique_1
まずはジュリーク化粧品。前にギフトセットをもらって使っていたらすっかり気に入ってしまいました。今日はアロマミストとハーバルリカバリージェルを買いました。そしたら、エッセンシャルオイルが4本も入ったギフトセットをまたもらっちゃいました。ジュリークって無料プレゼントが豪華で嬉しいですね♡

スーパーで買ったもの
Coffee  ①カプチーノ用コーヒー豆
ここのところカプチーノにすっかりハマッテいます。日本だと専門店に行かないとエスプレッソ用の極細挽きは買えないので一袋買って帰ることにしました。
 
Sweetener ②スィートナー
日本語では低カロリー甘味料とでも言いましょうか…私は甘党なのでコーヒーを1日何杯も飲んだら糖分の取りすぎが気になります。実は日本にいた時からパルスィートを使っていたのですが、こちらの方が断然安いし小さなタブレットで手軽。これはすごく気に入っているのでたぶん最後に帰国するときはドサッと買い込んで日本に送ると思います。

Eucalyptus_oil ③ユーカリオイル
スーパーの薬棚に置いてあるお買い得もの。ユーカリオイルはとにかくあらゆる用途に使えて便利。お風呂にも入れるし、虫除け、除菌、シールはがし、そして究極のボディファーミングマッサージオイル!全く我流なので他人には薦められませんが、ぷにょぷにょお腹に毎日すり込んでいたら気がついたらウエストが5cmも減っていました!!これもたぶん一生手放せない…

まぁ1ヵ月手放したくないものはざっとこれだけですね。
4月にこちらに来た時に比べたら、ずい分身軽に帰れそうです。

最後にもう1つ、やり残したこと。
サマータイムで、外は夜の9時過ぎまで明るいので、クリスマスの民家のイリュミネーションを見たことがなかったのです。最近は日本でもばかげたほどチカチカさせている家がよくあるけれど、そんな話をMaryとしていたらこちらでもやっぱり同じだとのことだったので、見てみようと思いました。
Illumination夜遅くJunを連れてなのでほんの近所の住宅街だけですが、車で探してみました。家からすぐ近くでも一軒ありました。写真だと分かりにくいですが、なかなか派手にチカチカしています。誘い出す時には嫌がっていたJunも大喜びで写真を撮りまくっていました。

さあ、これでもう思い残すことはないかな…
まぁ1ヵ月で戻ってきて、また1年3ヵ月こちらで過ごすんだから、そんなに気にすることもないんですけどね。。。


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

2006年12月17日 (日)

一時帰国二日前

いよいよ明後日、日本に向けて出発です。今日は今年最後のこちらでの日曜日。
お土産はだいたい買い揃えました。あとは、自分が日本に持って帰りたいものや、こちらでやり残したことがないか、今日と明日の二日間で考えて片付けることにしました。
Santa
ふと思いついたのが、シティのランドルモールにあるDavid Jonesに飾られている巨大サンタを見に行くこと。1ヵ月以上前に新聞で見ていつでも見れると思っていたのが、それからシティに行く必要性もなく気がついたら行かずじまいでした。今日もシティには他に何の用事もないのですが、心残りなので見に行きました。David Jonesの店内でサンタさんに願い事を言って一緒に写真も撮ってもらえるイベントもあったのですが、様子をうかがっているうちに列の最後にToday Closedの看板が立てられてしまいました。Junはがっかりしていましたが、お金もかかりそうなので私としては内心ラッキー♪…あきらめさせました。それで外に出て、巨大サンタの写真だけ撮りました。Junがちょっと不機嫌なのでトイザラスに入って、昨日大きなおもちゃを買ったばかりですが、小さいおもちゃを1つ買ってやりました。

21日はJunの6歳の誕生日。日本で祝ってやるつもりですが、先日BIG Wで見つけたドラゴンのレゴがほしいと言ってききませんでした。1年近く前から欲しがっていた恐竜のラジコンよりもそのレゴがいいというので、買ってやることにしました。日本で売っているかどうか分からないし、荷物になるのもイヤなのでこちらで買って置いて帰ることにしました。
Dragon_lego 「おりこうになる五つのお約束」をしてから、昨日買ってやりました。帰るなり、箱を開けて少しでも作り始めたいといいました。Dragon_lego_2対象年齢も7~12歳となっているし、どうせちょっとやそっとじゃ仕上がらないと思っていたのに、なんと昨日と今日の二日で仕上げてしまいました。あらら、誕生日までまだ4日もあるのに…まぁ一箱で8種類作れると書いてあるから、また来年戻って来たら崩して遊んでもらいましょう…。
しかし、レゴも日に日に上手くなっていくので、わが子ながら頼もしいです♡


Banner21_4 ←応援クリック、お願いしま~す♡

| | コメント (0)

2006年12月16日 (土)

Jun ギャラリー

Junの学校も、現地校は昨日、日本語補習校は今日で終業でした。
現地校はReception学年を修了し、新年からは一年生に進級です。
思えば、5月に入学した頃は毎朝私にしがみついてメソメソしていたのが、よく頑張ったね。6週間の休暇、日本にも帰るし思いっきりリフレッシュして、また新しい学年、新しいクラスで頑張ろうね!4月にはまた新しい学校に転校しなければならないし、まだまだ先は大変だけど…(とJun本人に話してもまだいまいちよく分かっていない様子ですが…)
先週くらいから、年度末とのことで学校で描いた絵や工作などをたくさん持ち帰ってきました。なかなかの力作もあり、部屋の壁に貼っていくとちょっとしたギャラリーになりました。

Jun_gallery_1 一番の大作のネコの絵は、赤い枠をつけて玄関の壁に飾りました。このネコを学校で作っていた頃、「おかあさん、ネコのひげはwhiskers!」と教えてくれました。「うわぁ、すごい英語知ってるね~」私も覚えていなかった単語にマジで感心しました。。。

Jun_gallery_2

   これらの絵は今週に入ってから、どさっと持ち帰ってきました。
   適当にまるめて持ち帰るので剥がれてしまっている部分もあ
   りますが・・・

Jun_gallery_3

 
これは先学期の作品
Ginger Bread Man のお話を描いたものだそうです。





Banner21_4 ←Junにもお疲れさんのクリックお願いします♡

| | コメント (0)

2006年12月15日 (金)

終業日~映画鑑賞&職員昼食会~

今年度の終業日でした。Cinema_2
日本の終業日とは少し違った雰囲気でした。年度最終日なのに終業式どころか先週から一度もassemblyはありませんでした。今日は学校でホームルームをしたあと、生徒全員で映画鑑賞に行きました。学校から歩いて5分ほどのすぐ近くの映画館です。
映画館なんて町の中心地まで行かないとないのかと思っていたら、郊外のあちらこちらに昔ながらの古い映画館があるのです。
Cinema 上演前には、係の先生が前で生徒たちに一年の努力を労い、今日の映画を楽しんでくださいとの挨拶をしてから、ゴミなどのマナーの注意をしていました。この様子は、まるで日本の高校の芸術鑑賞会にそっくりで、懐かしくなりました。Cinema_3
映画は、子供向けのお話であまり喜んでいない生徒もいたとか…確かに高校生には少し幼稚な印象もありました。ちなみに昨年はハリーポッターを見たそうです。まぁ、私には字幕なしで楽しめてちょうど良かったです。それに後で分かったのですが、動物たちの声をジュリア・ロバーツやロバート・レッドフォードなどの有名俳優がしていたのには驚きました。
映画終了後は、学校にもどってもう一度ホームルームをして12:30の解散でした。

さて、その後は職員の昼食会、Farewell Lunchがありました。
Staff_lunch_ 事務や財務の職員も全員です。学校はどうするのかと思ったら、なんと鍵をかけて学校を閉鎖してしまいました。会場は学校から15分くらいのホテルの一階にあるレストランで、Menuは一週間ほど前に10種類くらいのリストから各自食べたいものを選ぶアンケートがしてありました。Staff_lunch_2
ランチというので気軽に構えていましたが、行ってみると職員勢ぞろいでこれはちょうど日本の忘年会に相当するなと思いました。ただこちらの宴会は日本のように酒を飲むための席というよりはあくまでも食事を楽しむための席という感じです。食事はたぶん親睦会持ちなのか支払いませんでしたが、飲み物は各自でその場でほしいものを注文して支払います。今日はテーブルの仲間でワインを1本開けました。考えてみると、この方が公平な気がします。日本のように酒代まで全部割り勘だと、飲兵衛の男性の飲み代を私たちビール一杯飲むか飲まないかの女性が半分支払ってることになりますからね…日本でもこちらのようにしてもらいたいものですね。
Staff_lunch_3 食事が終った頃から、今年で転勤や退職される先生方の紹介やスピーチ、花束贈呈などが延々とありました。これは日本の歓送迎会によく似ていました。でも、日本の忘年会と歓送迎会を足したような宴をランチで片付けてしまうところも日本よりはあっさりしているなと思いました。
このような宴は貴重な経験でしたが、残念ながらJunの迎えの時間になってしまい途中で抜けさせてもらいました。
来週から長期休暇です。日本のように休暇中に出勤して仕事納めまで勤めるということがないので、今日で仕事も終わりです。今日は、学校も出勤も最終日で、映画があり、学校を閉め出されるので荷物を大慌てで整理して、宴会があり…と何ともあわただしく、他の先生と別れを惜しむ暇もなく終ってしまいました。


Banner21_4 ←仕事納めお疲れさんのクリック、お願いします♡

| | コメント (2)

2006年12月14日 (木)

終業日前日

明日が今年の終業日。
今日はActivities Weekの最終日でした。私は、Activityの受け持ちもないし、成績もレポートも出さなくていいので、出勤しただけで1日オフィスで好きなことをして過ごしました。Buche_de_noel
Chrisが今日のFrench Funのおやつにフランスの典型的なクリスマスケーキを買ってきたと自慢してきました。私が、最近ブログを意識して何かあるごとに写真を撮りたがるので、写真を撮れと言います。さも自慢げに箱からケーキを取り出しました。内心「なーんだ、小さいブッシュ・ド・ノエルじゃん、とりたててめずらしくもないし、これなら私の方が立派なの作れるよ…」と思いながら、お愛想で「Wow!Cute!!」と大げさに反応したBuche_de_noel_2_1ら、「早く写真、写真」と言うので「もーしゃーないなー」と思いながらの一枚・・・
今日は、他にブログネタもないし、カメラの中にはこの写真一枚しかなかったので、Chrisのためにも載せておきましょう。。。


Banner21_4 ←応援クリック、お願いしま~す♡

| | コメント (0)

2006年12月13日 (水)

言語教員 昼食会

今日は、職場の言語オフィスでこの1年(私は5月からの8ヵ月)一緒に過ごした教員6人でFarewell Lunchに行きました。
午前中は小学校で2回目の寿司作り。いつもは作った寿司で昼食を済ませるのですが、今日は見本に巻いた寿司を一切れツマミ食いしただけで、途中で抜けさせてもらい、ダッシュでレストランに向かいました。
私の家から歩いて10分ほどのイタリアンレストランでありました。まだ車のなかった頃、Junと何度か買物に行くのに歩いた道沿いです。こじんまりしていてその頃は気付かなかったけど、カジュアルでなかなかおしゃれな店です。また、たまには外食に来てもいいなと思いました。
ランチメニューを見て、私はエビのリゾットを頼みました。寿司作りで疲れてお腹がペコペコだったので、料理が出てくるなりパクパク食べてしまい、食べ終わってから「あー、写真撮ったらよかったー」と思いました。6人がみんな違う料理を頼み、どれもとても美味しそうだったので食べる前に写真を撮っておきたかったなー。残念!
Afogato デザートを決めるとき迷っていたら、隣に座っていた中国語教師のPhillがアフォガトというのを薦めてくれたので注文してみました。ジェラートに熱々のエスプレッソをかけて食べるというものです。本当に美味しかった~♡ エスプレッソメーカーを買ったばかりだから、家でもこの食べ方をしてみようと思いました。Language_office_members_1
毎日同じ部屋で過ごしてきた同僚と、こういうカジュアルな店でランチを食べるのは、日本で進路指導部などの分掌や教科などの仲間で昼食会をするのと、とても雰囲気が似ていました。どこの国でも似たようなことをやるんだな~と思いました。ただ、こういう会がこの年度末まで一度もなかったのは、日本に比べて少ないですね。日本って、立ち上げ会とか行事のあとや学期末ごとに慰労会とか、何かと集まって飲み食いする機会が多いですからね。


Banner21_4 ←応援クリック、よろしく♡

| | コメント (0)

2006年12月12日 (火)

一時帰国一週間前

来週の火曜日に一時帰国します。ちょうど一週間前になりました。
毎度のことながら、まったく準備していません。住み慣れた日本に帰るのだから、何も荷造りする必要はないと思っていました。
でも、この一週間でお土産を買っておかないと…今日は留守中の庭の自動水遣りタイマーを買いにBIG Wに行ったらクリスマスプレゼント用のチョコレートが安売りしてあったので、お土産に大量に買っておきました。誰に何を…などと考えていたらややこしくてめんどうになってきて、もう何も考えずに何種類か適当にどさっとカートに放り込みました。
荷物はなにもいらないと思っていたのに今日のチョコレートだけでスーツケースに入るのか心配になってきました。私は昔から旅行の荷造りが大の苦手…楽しみにしていた一時帰国だけど、荷造りのことを考えたら憂鬱になってしまいました。


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

2006年12月11日 (月)

最終週 Activities Week

Activity_week 今年最後の4学期も最終週になりました。今週はもう授業はなく、Activities Activity_week_2 Weekといっていろいろな活動をする週です。私は初めてなのでどんなことをするのかイメージがわきませんでしたが、もらった小冊子によると、月曜日から木曜日までの4日間、毎日午前中に2セッション、午後に1セッションの三種類の活動をするようです。教員が何らかの活動を受け持ち、生徒はどの活動に参加するかあらかじめ決めてあります。活動は全部で49種類、スポーツ、ゲーム、料理、写真やクラフトなどいろいろな講座があります。校内だけでなく、町のボーリング場やプール、ゴルフ場、映画館などに引率しての活動もあるようです。Bryceの担当講座はJapanese Animation/Miyazaki Experience とありました。映画を見せるだけらしいので特に手伝う必要もなさそうです。オフィスのすぐ隣りのフランス語の部屋でChrisとMarisaが担当しているActivity_week_3 French Funという講座をのぞかせてもらいました。冊子の案内にはFrench food, fun, games, films cartoons etc と書いてありました。見ると、生徒はそれぞれのグループでモノポリーやカードゲーム、ジグソーパズル(一応どれもフランス製)などを楽しんでいました。プロジェクターのスクリーンには衛星テレビのフランス番組が映してあり、途中でChrisがフランス産チーズなどの食べ物を少し出していました。今週は服装も私服登校です。日本の高校でも総合学習の時間に似たようなことをした覚えがありますが、それよりももっと自由でお遊び的な雰囲気でした。今まで、日本に比べて学校行事は少ないなと思っていましたが、年度末最後の一週間はこんな風に楽しく遊んで終るんだなと思いました。


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

2006年12月10日 (日)

エスプレッソメーカー

Kmart 金曜の夕方から昨日まる1日、思いっきりゆっくりしたので、少し元気が出てきた。今日は、天気も少し曇っていて昨日ほど暑くない。午後から買物くらい出かけることにした。…と言っても近場のホームセンターKmartだけど…。
とくに目当ての品はなく、ぷらぷらと店内を見てまわった。キッチン家電を見ていたらクリアランスの棚に一箱だけ残った$55のエスプレッソメーカーを見つけた。
Espresso_maker_1 残り1年3ヶ月のためにまたこんな家電を買うのは少し抵抗があったが、安い!日本ではもっと小さくてちゃちいものが1万円くらいしたのに…。Milkwhipper
毎日カプチーノを入れてくつろぐのが私のささやかな楽しみ。コーヒーはコンロで作るエスプレッソポットでも満足していたが、フロスティミルクが気に入らなかった。日本ではもう10年以上前から蒸気で泡立てていたのだが、こちらに来てからは簡易用の、電子レンジでミルクを温めてから泡立てるタイプのホィッパーで我慢していた。蒸気で泡立てるのよりかなり味は落ちる。$55で1年3ヶ月毎日おいしいカプチーノが飲めるなら無駄にならないと思った。カフェで一杯$4のコーヒーを毎日飲むことを思えば、2週間くらいでモトが取れる計算だ。それにコーヒーメーカーと言えば黒いハードな印象の器具が多い中、キッチンのインテリアにも合うかわいらしい白なのも気に入った。ここのところあまりお金を使っていなかったし、仕事でがんばった自分へのささやかなご褒美ということにしようか…あれやこれやと頭の中で言い訳を考えながら、思い切って買ってしまった。
帰宅後さっそくカプチーノを入れてみた。ミルクがきれいに泡立った。手入れも簡単だ。美味しいコーヒーを飲みながらふ~っとくつろぐ瞬間、しあわせ~♪買ってよかった。

1年少しで手放すのはもったいないな~。スティックミキサーもフードプロセッサーも気に入っているし・・・インターネットで日本の電気を230Vに変えられないのか調べてみた。なんと、日本でも将来的には家電を200Vに移行する計画のようで、家を新築するなら200V対応の配線を勧めるとの情報を発見。日本の我が家もキッチンコンロはIHなので配線は200V対応のはず、差し口を作る工事は簡単そうだ。あとはオーストラリアのハの字タップを2、3個買って帰って工事のときに付けてもらえば完璧!帰国後もこちらで味をしめたハイパワー家電が使えそうだ♡


Banner21_4 ←応援クリックよろしくね♡

| | コメント (0)

2006年12月 9日 (土)

灼熱地獄

暑い。昨日からたまらなく暑くなった。
職場ではすぐに誰かがエアコンを入れるので、それほど暑さが気にならなかった。廊下に出て暑いと感じMaryに言うと「明日は今日より暑くなる予報よ」と言う。私が「えー」と顔をしかめると「まだ12月よ、一番暑い2月までまだまだあるわよ」と言っていた。
職場を退出してJunを迎えに行く午後3時頃は一日でも一番日差しが強くて暑い時間帯だ。炎天下の駐車場、フロントガラスに銀色の反射シートをかけてハンドルにも断熱カバーをつけているが、何の効力も感じられないくらい車内が暑く焼けている。この地獄のサウナカーに乗り込んでJunを迎えに行くだけでドッと疲れてしまった。
Junの学校で他のお母さんに「明日はもっと暑くなるらしいですね」と話しかけると「もう今でも40℃超えてるらしいですよ」とのことだった。

今朝起きて温度計を見ると朝の室内なのに31℃、たしかに日本のようにムシムシはしていないがこの気温はさすがに不快だ。朝からエアコンのスイッチを入れた。
Junの補習校の後も、今日は校庭で遊ぶ子供の姿はなかった。こんな炎天下で遊んでいたら焼け死にそうだ。第一、鉄製の遊具などチンチンに焼けていて触れることもできない。Junも今日は遊ぶのをあきらめて速攻家に帰った。後で聞いたが、42℃を上回ったらしい…。
急な暑さと寿司作りの疲れがたまっていたこともあり、おまけに木曜くらいから持病の腰痛も再発し、昨日からほとんど何もできずにごろごろして過ごしている。 Lunch_3
昼食も手を抜いて、カップラーメンと昨日の寿司や具の残りで済ませた。カップラーメン大好物のJunはむしろ喜んでいたけど…。
午後もずっと寝転んでいた。何ともだらしないが、どうにも不調で仕方がない。ゆっくり身体を休めて、また元気が出たら頑張るしかないか…。


Banner21_4 ←バテバテMomに応援クリック、よろしく~♡

| | コメント (0)

2006年12月 8日 (金)

8年生と寿司作り Second Group

8yr_sushi いよいよ高校での2回目の寿司作り。
したことは前回とほぼ同じです。ベジタリアンの生徒がいたので具にチーズを追加しました。「寿司にチーズ?!」と生徒も驚いていましたが、チーズは我が家の手巻き寿司パーティーの定番の具だったので、美味しい自信がありました。案の定、作り始めるとどのグループもチーズは残さずに使っていました。
8yr_sushi_2前回に比べたらすっかり手順も慣れ、Maryも手順が分かっているのでよく助けてくれ、前よりずい分余裕がありました。だから写真もたくさん撮れまし8yr_sushi_3た。
Officeで準備をしているとき、Bryceが「よく準備できてるね」と言ってくれました。「もー大変!めんどくさ~い」とつい口癖で言ってしまいました(良くない口癖ですね~ダメだと思うのだけどついぽろ8yr_sushi_5っと言ってしまいます・・・)。そしたらBryceが「大変だろうけど、生徒は今日のこと、一生覚えているよ」と言ってくれました。確かにそうかもしれないな…。
8yr_sushi_4寿司作りの時間が終って生徒が教室を出て行くとき、「Mrs.Takahashi」と振り返って「今日の寿司作り、ありがとう。それに今年日本語教えてくれてありがとう。」と言ってくれました。あんまり真面目じゃなかった悪ガキたちだけど、何だかとっても嬉しかったです。
終った後、Maryも「最後に最高のレッスンをしてくれて本当8yr_sushi_6にありがとう。生徒たちは授業で習ったことは何も覚えてなくても、今日の寿司のことはずっと忘れないでしょう。」と言ってくれました。 8yr_sushi_7
なんだか私のMarryatville高校での仕事の集大成のような1日でした。大変な目にあったけど、頑張った甲斐があったなーと思いました。
今日の寿司作りは、私にとっても一生の思い出になるだろうと思います。


Banner21_4 ←頑張りました。お疲れさんのクリックお願いします

| | コメント (2)

2006年12月 7日 (木)

寿司作り at 小学校

今日は、小学校の授業で寿司作りをしました。小学校では、前回と同様、Kimがほとんど一人で準備を整えてくれたので、私は楽でした。Rice_cooker_1
Kimは今回はご飯を全部朝から学校で炊くことにしたとのことでした。前回、Kimの炊飯器は底に少しおこげができたので、今回は私の炊飯器も持って行きました。私の炊飯器の方が小さくてシンプルなのに五合でもきれいに炊けるのでKimもびっくりしていました。
1~3時間目の間に、ご飯を炊いて酢飯にしたり、アボカドを剥いたり、のりを半分に切ったり…と準備を整えました。私は、明日また高校で寿司作りをしなければならないので、リハーサル的な気分で楽しみました。Kimは少し気が強くて融通の利かない性格なので私のアドバイスを聞いてもらえないのが少しストレス…たとえばお米を研がずに炊飯器に米と水をざっと入れて炊き始めるのです。日本では米は洗って水につけて置くことを説明すると、そんな丁寧なことしなくても生徒は喜んで食べるのだから時間の無駄だと叱り口調で反発され…これは日本人の私としては耐えられないので、私が手伝った分だけはKimが授業をしているすきにしっかり研いでおきました。。。
Sushi_making 毎度のことながら、生徒たちが本当に楽しそうに寿司作りをしていたのが嬉しかったです。小学校では来週もう一回寿司作りをします。今日の生徒は私が授業に参加していなかったクラスで生徒とはあまり面識がないのですが、来週は授業に参加していたクラスなので、今日よりも楽しみです。

帰宅後は、明日の高校の寿司作りの準備に追われました。
高校でも学校でご飯を炊きたかったのですが、Chrisに、新しい電化製品を使うにはブレーカーチェックをしなければならず三日はかかるので家で用意してきた方がいいと言われ、また夜中に家で酢飯作りをしました。卵焼きやツナマヨの準備も…もう二回目なので手順も慣れて順調に用意できましたが、ついでに洗濯やパソコンなど平行してやっていたら結局深夜の3時を過ぎてしまいました…またしても、トホホ…生徒に楽しい経験をさせてやるためとは言え、大変な労力だなぁ…


Banner21_4 ←寿司作り頑張ってる私に応援クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

2006年12月 6日 (水)

Breakfast with French class

もう、今学期も来週が最終週です。でも、来週はActivity Weekといって授業はせずにいろいろな活動をするので、授業は今週で終わりです。それでその授業も、先学期までは終業日までみっちり普通授業をするとこのブログにも書いてきましたが、さすがに年度末の今回は今週に入ってからどの先生も映画を見せたり、スナックと飲み物で小パーティーをしたり、私の寿司作りのように料理を作ったり…と勉強からは離れたことをやっています。

(なにしろ生徒の教科書は先週末から図書室に返却してしまって、生徒はもう教科書を持っていないのです。生徒の教科書が全て図書室の貸し出し制というのも日本人からしたら驚きですよね。私は最初の頃、生徒の教科書が貸し出しのものだと知らずに、授業中に質問されてその生徒の教科書に説明を書き込もうとして一文字書いた瞬間にその生徒が「わー先生が教科書に書き込みをしたー!!」と大騒ぎになりました。「あなたの教科書でしょ?落書きじゃあるまいし何を騒いでるの?」と、その時は訳が分かりませんでしたが、生徒の教科書は年度末には図書室に返却し、来年また次の生徒が使うので、生徒は教科書にはどんな書き込みもアンダーラインすら入れることも許されていないのです。)

前置きが長くなりましたが、先日、言語オフィスで隣りの席のMarisaが自分のフランス語の生徒と朝食会をするとのことで「一緒に行かない?」と誘ってくれました。場所は私の家の近所のショッピングセンター内のカフェだったので、喜んで参加させてもらうことにしました。20名ほどの生徒と朝食なんてどんな感じかと思ったけれど、朝、カフェの前で集合した後はMarisaが生徒に「このショッピングセンター内のどの店で何でも好きなものを食べて好きな買物をして自由に過ごして9:50にもう一度ここに集合」との指示をしただけで、後はMarisaと二人でのんびり過ごしました。「授業の一環としての活動でこんなのいいの~?」と驚きましたが、事前に活動内容を知らせる手紙を配り親の承諾書を持参した生徒だけの参加なので問題ないらしいです。Cibo
こちらにはCIBOというイタリアンカフェのチェーン店があり、MarisaはCIBO Girlと呼ばれるほどのCIBO好きで、毎日と言っていいほどCIBOのコーヒーを片手に出勤してきます。今日も集合場所はCIBOの前で、私とMarisaはCIBOでコーヒーとスィーツを頼んで朝食にしました。
Marisaが店員とイタリア語で話していたので、わたしが「フランス語だけじゃなくてイタリア語もできるの?」と聞くと「ええ、だって私はイタリア人だもの」との返事。Marisa自身はここで生まれたけれど両親はイタリアからの移民だそうです。私も昔少しだけイタリア語をかじったことがあったりイタリア旅行をしたことがあることから、イタリアの話題に花が咲き、一時間があっという間に過ぎてしまいました。勤務時間中なのにこんな時間が過ごせてちょっと得した気分…
学校に行った時、Chrisに「どうだった?」と聞かれて「楽しかったー」と返事すると「日本に帰ってからもこういう授業をするといいよ」と言われました。
「日本では生徒を連れて外食なんてぜったい無理ー!!」ですよね…


Banner21_4 ←夏ばてMomに応援クリックお願いしま~す

| | コメント (0)

2006年12月 5日 (火)

蚊取り線香

9月頃から、時々蚊にかまれてひどくかゆくて、真夏が来たらどんなに蚊がふえるのだろうと心配したが、今もそのころとあまり変わりない。日本に比べて蚊は少ないような気がする。朝夕が涼しいせいか、それても乾燥しているせいかはよく分からないが…。それとももうしばらくしたら日本のようにたくさん出てくるのだろうか…。
Mosquito_coil さて、その9月頃、あわてて何か虫除けを買おうと探した。まず、日本のとほとんど同じような蚊取り線香があった。安いし庭でも心置きなく使えるので買った。でも、家の中ではちょっと煙臭くてあまり長時間は使えない。夜中用には少し懐かしいベープマットのような物を買った。なにしろ日本のように種類Antmosquito_1 が豊富にはない。私の見た店ではベープマットタイプが一種類、ろうそくタイプのものが二種類、他の店では液体タイプのものもあるようだが、せいぜい1~2種類だ。キンチョールのような殺虫剤も3種類くらいしかなくてスーパーブランドの一番安いものを買っておいた。
食料品の種類はこちらの方が日本よりはるかに多くて楽しいが、家庭用品や工業製品の種類はこちらは日本ほど種類が豊富じゃないので面白くないな…。


Banner21_4 ←応援クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

2006年12月 4日 (月)

8年生と寿司作り

は~、たいへんな1日でした。8年生の授業で、巻寿司を作りました。
授業を組んでいるMaryが日本料理を体験させる計画を立て、最初はレストランで昼食会をする予定でした。ところが適当なランチを出してくれる和食レストランが見つからなかったそうで、仕出しのお弁当か寿司を買って学校で食べることにしようかと相談されました。ちょうど先週、日本語補習校のお弁当でGenki Rollの寿司を買って食べ、値段がかかる割りに体験授業にはあまり楽しくないなぁ…と考えてしまいました。先学期に小学校でKimが生徒と一緒に寿司を作るのを手伝ったので、ノウハウはあります。以前から寿司を作りたいという生徒からの要望もあったのですが、Maryは「語学必修の8年生には素行の悪い生徒もいるので寿司作りは希望者だけで昼休みにでも」と言っていました。私としてはそういう悪ガキたちにこそ少しくらいは日本語授業で楽しい経験もさせてやりたいと思い、思い切って授業で全員で作りたいと話しました。Maryは寿司を作ったことがないそうで自分からは私に頼めなかったみたいでしたが、私から申し出たのでとても喜んでくれました。
小学校ではKimがほとんど一人で準備を整えてくれましたが、今回は私が一人で準備しなければなりませんでした。昨日の午前はピクニック用の寿司を作り、ピクニックが終ってから買物をして、帰宅後は酢飯や具の準備を整えました。
生徒30人分、20合のご飯を炊きました。具はシーフードスティック(いわゆるカニカマ)とツナマヨ、卵焼き、キュウリ、アボカド、レタス。これら全ての具を30人分スティック状に準備して、生徒はご飯にのせて巻くだけでいいようにしておきました。海苔は縦半分にはさみで切っておいて、普通の半分の長さの巻寿司を一人二本作らせることにしました。これはKimのアイデアで、この方が一人二回巻けて、二種類の具を楽しめます。デザートにアイスクリームも用意しました。2ℓのバニラアイスを二箱買い、片方はフードプロセッサーで抹茶を混ぜ込み抹茶アイスを作りました。
小学校でもそうでしたが、日本の学校のように調理室を借りたりは出来ません。普段授業をしている普通の教室でするのです。だから材料以外にプラスチックのお皿やアイスクリーム用のカップ、割り箸や材料を小分けして入れる容器や調理道具などもすべて私が用意しなければなりませんでした。数日前から少しずつ買物をして、アイスクリームは土曜日に作っておきました。昨日は夕方から準備を始めましたが、具の準備と、五合炊きの炊飯器で4回ご飯を炊き、酢飯にして四人分ずつタッパー容器に入れる作業をしていたら夜中の3時を過ぎてしまいました。トホホ…
今朝は、寿司作りの授業をする4時間目までの空き時間に、簡単なレシピをプリントにしたり、変色しやすいアボカドを剥いて切ったり、ツナマヨを小容器に小分けしたりして最終準備をしました。直前になって、昨日のうちに洗ってちぎっておいたレタスを家の冷蔵庫の野菜室に忘れてきたのに気付き、あわてて取りに帰りました。あ~もう、ドタバタ…
さあ、いよいよ授業です。生徒を周りに集めて、まず私がみんなの前で1つ巻いて見せました。大したことではないのですが、生徒たちの多くが寿司を巻くのを見るのが初めてだったらしく、巻き簾を使って巻く手つきと巻き簾から出てきたきれいな巻寿司に「オー」とどよめきが起こりました。ちょっと快感でした。。。さて、生徒たちが巻く番です。さすがに小学生よりは器用にやっていまいた。悪ガキどもは、とんでもないほど具を盛り上げて大きな寿司を作ったり、具をつまみ食いしようとするのであわてて止めたり…でもとても楽しんでくれたようで、頑張った甲斐がありました。抹茶アイスは敬遠する子が多かったけれど、中には「この味、好きだよ」と言っておかわりをしてくれる生徒もいました。
どうなることかと思いましたが、何とか無事終りました。でも、まだ金曜日にもう一クラスあります。同じ作業をもう一回しなければなりません。
小学校でも木曜日と来週の水曜日に寿司作りをします。は~寿司攻めだな~、でもかわいい生徒たちのためにもうひと頑張り!頑張るぞ~!!

PS. 今日は写真を撮る余裕もありませんでした。文章ばかり長たらしくてごめんなさい。金曜日に撮れたら載せますね。


Banner21_4 ←励ましクリック、お願いしま~す♡

| | コメント (0)

2006年12月 3日 (日)

Farewell Picnic

Farewell_picnic_2_1 今日は、SAETL(交換教員交流会)のお別れピクニックがありました。日本以外の国からの交換教員の多くがこちらの学校年度に合わせて12月で帰国するからです。
Farewell_picnic6月のMurray River House Boat(ブログは未だ空白のままです…すみません…)で一緒に過ごした先生たちも帰国されます。Junと仲良しになったParisやMikaylaともお別れです。
個人的にはSAETLの行事にはあまり参加していないので別れを惜しむほどの仲の先生はいないのですが、日本人だけ時期がずれている上に私は派Farewell_picnic_3遣期間が二年なのでまだまだ先が長くて、なんだか残される者の寂しさを感じてしまいました。


Banner21_4 ←励ましのクリック、お願いします♡

| | コメント (0)

2006年12月 2日 (土)

メレンゲ

アデレードの気候は、日本に比べてカラッと乾燥しているのが気に入っている。
来て最初の頃は、日本にいた時と同じように台所や洗面所など掃除をしていたが、こちらでは水周りでもすぐにカラッと乾くので、水カビもはえないしそんなに丁寧に掃除しなくてもいつもきれいだ。風呂上りのバスマットを干さずにそのまま床に敷いていても2時間もすれば乾いている。食べ物も腐りにくい。
さて、この気候の差のためか、日本ではあまり見かけないのにこちらでよく見かけるお菓子がメレンゲだ。お菓子屋のショーウィンドウにも色とりどり、形もさまざまなメレンゲが並んでいる。わざわざ買わなくても家でもあまった卵白で簡単に作れる。日本でもたまに焼いていたが、日本の湿気では密閉容器に乾燥剤を入れて保存しないとすぐにじけ~っとなってしまう。それがこちらでは焼き上がったメレンゲを天板に並べたままキッチンに放っておいてもいつまでもサクサクだ。Meringue
今日も冷蔵庫に残っていた卵白でメレンゲを焼いた。半分は白いまま、半分はほんのりピンクに色をつけた。Junにはお得意のカラフルシュガーをかける仕事を手伝ってもらった。
簡単なのに見た目はなかなかかわいらしい出来上がりだ。今度は、店に並んでいるような人形や動物など凝ったデザインに挑戦してみるのも楽しいかも…。


Banner21_4 ←励ましクリック、お願いします♡

| | コメント (0)

2006年12月 1日 (金)

12月 ~夏~

December_112月になりました。こちらでは12月からを夏と呼ぶそうです。
先週からとても暑くなっていよいよ夏本番かと思ったのですが、今日は涼しくて半袖では肌寒いくらいでした。いまもフリースの上着をはおっています。日本とは違う気候に慣れなくて難しいです。
白人は有色人種より寒さに強いと聞いたことがあり、実際、真冬でも半袖の人も多かったけど、やはり暑さには弱いみたいで今日のような涼しい日でも職場ではがんがん冷房を入れるので寒くてたまりませんでした。暑くなってから、みんな私のことを心配してくれて「家に冷房はあるのか」と聞いてくれるけど、「日本の夏はもっともっと蒸し暑くて不快だから、こんなの平気。冷房はあるけどまだ使ってない」と答えるとびっくりしていましJacaranda12た。
日本は逆にいよいよ冬本番ですね。日本語ニュースの天気予報で北日本に雪マークがついているのを見て、こちらは35℃の暑い日だったので、なんだか不思議な感覚でした。
2週間と少しで一時帰国です。真夏の格好にコートを持って飛行機に乗らなければ…


Banner21_4 ←クリック、お願いします♡

| | コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »