2006年4月30日 (日)

スローライフ

いよいよ明日からこちらの二学期が始まる。
こちらに来て2週間あまりの長い休暇も今日で終わりだ。
最後の週末の昨日・今日は、近くのスーパー以外はどこへも出かけず、家でのんびり過ごした。Gripball
前にMaryがJunにくれたGrip Ball で家の前の芝生で遊んだ。
思えば、Junが5歳の今日まで、日本ではこんなボール遊びもしたことがなかったな・・・。する暇がないほど忙しかった訳でもないが、仕事に追われ、Ryonもいて、心のゆとりはなかったような気がする。
こちらに来てから、Junと二人、家の中でかくれんぼをしたり、一緒に庭掃除をしたり、こうして外でボール遊びをしたり・・・今までに持てなかったゆとりの時間が持てるようになった。夫とRyonが一緒に来れなくなった事は無念だが、これも神様に与えられた機会と考えてJunと二人だけの生活も大切にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

トイザらス

こちらの秋休暇も終わりが近づいてきた。
最後に今日一日、Maryがまた私達を買物に連れて行ってくれると言う。
本当にMaryには親切にしてもらって感謝感激!
朝迎えに来てくれて、私の耳元で「今日はJunをトイザらスに連れて行ってあげようと思うの。Junには内緒よ」と言った。わ~Junもきっと喜ぶぞ~。
まずCentral Market に行ってみやげ物屋や中華ショップを見て回った。
前に私が、こちらにはウーロン茶を煮出すための大き目のポットが見つからないと言ったのを気にしてくれて、いろいろな店で「これはどう?こっちは?」と聞いてくれた。
その後、トイザらスのあるランドルモールまで連れて行ってくれた。観光客なら必ず訪れるシティ中心地のショッピング街だ。案の定、歩行者天国の通りは観光客らしき人でにぎわっていて私のような異邦人もホッとする雰囲気だった。
トイザらスはどこでも同じような印象。姫路よりはこじんまりしていて品数も少なそうだった。せっかくのMaryのはからいなので今日だけは特別に少し大きいおもちゃを一つ買ってあげると言うとJunは大喜び、迷いに迷って、最後に恐竜ロボットを選んだ。John

           Johnと名づけてとてもかわいがっています → 

Teapot

トイザらスを出てからも最後まで私のティーポットを気にしていろいろな店に連れて行ってくれた。結局思ったものはなくて、最初に入ったTargetで見つけた紅茶用のガラス製のティーポットを買った。いろいろな店に連れて行ってもらった挙句、最初の店にもどったので申し訳ないことをしたが、結果的には手ごろな値段でデザインも洒落ていてなかなか気に入った。Maryもいい買物をしたとほめてくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

自動車契約!

今日は朝からRobynがcar yardに連れて行ってくれた。
日本で他の先生から100万円出せばそれなりの中古が買えると聞いていたので、前に予算を聞かれた時に$10000くらいと答えておいた。知人の紹介でホンダのCivicが$10000であるとのことで、まずその車屋へ行った。行ってみると外にカラフルなJazz(日本名Fit)の新車が並んでいた。その後で中にある1998年式の古いCivicを見せられたものだからがっかり・・・。
2ドアでJunの乗り降りが不便なのを理由に断った。
日本では日産ばかりだったので一度トヨタに乗ってみたいと言ったことがあったので、次はトヨタのcar yardに連れて行ってくれた。
Robynが$10000~12000くらいの予算でハッチバックがいいなどの私の要望をディーラーに説明してくれた。
ちょうどいいのがあると出してくれたのは、色も前から乗りたかったシルバーレッドだ。ところが、試乗すると右ハンドルなのにウインカーが左でワイパーが右・・・ちょっとまって~トヨタの店に来たのにトヨタじゃないの~? 降りて後ろを見るとDaewooというロゴ。条件は悪くなかったが、Daewooという会社は全く知らなかったので不気味だったのとちょっとボロかったのとどうせならトヨタが乗りたいと思ったので断ることにした。
陳列された車を見て回ると、そんなに丸すぎない少しスポーティーなハッチバックでシルバーレッドの見た目新車っぽくきれいな車があった。Toyota Corolla 2001年式で$15000。試乗してみてもやっぱり日本車は乗りやすい!すごく気に入った。
かなり予算オーバーで迷ったが、Robynも「トヨタ、色、形、年式などこれだけあなたの要望に近い車はなかなかないかも・・・」と言うので思い切って買うことにした。大事に乗れば2年後にはそれなりの値段で売れるらしいから多少の予算オーバーもまぁいいか・・・。
わーい!これで2年間カーライフを楽しめるゾ!
Robynにカードは使わないほうがいいと言われ、日本から送金してもらうことにした。
お金が届き次第、取りに行けばその日から乗れるとのこと。あ~早く乗りたいよ~。

午後はMieちゃんがIKEAへ連れて行ってくれました。
私は全く知らなかったのだけれど、家具やホームファブリックの店で世界的に展開している大きなチェーン店らしい。アデレードでは先週開店したばかりだそうだ。モダンでなかなかおもしろい店だった。よさそうな家具を吟味しているあいだに時間がなくなって何も買わなかったが、また行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

パブ

今日は、またChrisがどこかへ連れて行ってくれるとの約束だった。
午後、勤務校の近くにあるホテルの一階のパプに連れて行ってくれた。そこでChrisの友人の日本語教師やその他の教師が何人か集まって飲み物でくつろいだ。
子供を連れて来た先生も何人かいて、Junは子供同士で遊ばせることになった。やはり最初は、恥ずかしがってなかなか私から離れようとしなかったが、だんだん慣れてきて外の子供用の遊び場で汗だくになって遊んでいた。来週からの学校が心配だったが、何とかなるかな・・・。
さて、私の方はというと・・・Nativeたちは久しぶりに会った教師仲間らしく、ものすごい勢いで会話が飛び交うなか、あまり会話によるチャンスはなかった。時々何か質問されて答える程度・・・。まぁ仕方ないかな・・・今までの十何年間か日本で外国人講師の同席する場で逆の立場で過ごしてきた訳だし。これもいい経験だな・・・(なんて開き直ってないで英語力をもっと磨かなきゃぁね・・・しかしあの勢いのNativeの会話の中に入るには相当の力がいるよ・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

Anzac Day

今日はAnzac Dayという祝日だ。
辞書で調べてみると、「Anzac軍団のGallipoli半島上陸(1915)記念日」とあった。 なんかよく分からないけれど、まぁそういう祭日か・・・と、関心もなく、それ以上詳しくは調べていない(スミマセン・・・)。
休暇中の祝日なんてあまりうれしくもないな・・・また店も開いてないらしいし。
Cityまで行けばパレートなどしていると聞いたが、TVで見るととりたてて面白そうでもないし、車もないので家で過ごすことにした。

Muffin午後から、日曜日にスーパーで買ったマフィンミックスとマフィン型でマフィンを焼いてみた。
こちらに来て初めてのお菓子作りだ。シリコン製の使い勝手のよい型がスーMuffinjunパーで安く手に入って嬉しい。今回はミックスを使ったので味はそれなりだが、キッチンには大きなオーブンもあるのでこれからいろいろお菓子作りも楽しみたいナ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

洗濯機修理

前からなのか私が来てからなのか分からないが、洗濯機が故障している。
全自動なのに最後の脱水がいつまでも止まらない。自分で止めればいいので洗濯はできるが、脱水の最後の段階かと思ったらダイヤルを少しだけ回すと途中で水がジャーと出る音がしたので回転しながら最後のすすぎ水をかける前の段階らしい。四六時中気にかけて洗濯室まで見に行くのもめんどうだし、一度、うっかり朝洗濯の途中で人が誘いに来てくれてそのまま出かけたら、夕方帰宅したときも洗濯機が回っていた。ゴーゴーと音を立てながら一日中回っていたわけだ。やっぱり直してもらった方がいいと思い、先日Robynに頼んでおいた。
今日の午後、やっと修理に来てくれた。愛想のよさそうなおっちゃんが入ってきて、説明すると「OK! OK!」といって工具を取り出し、修理に取り掛かってくれた。私がキッチンにもどって用事をしていると15分くらいして「終ったよ」と洗濯室から出てきた。「Fixed?」と確認すると、「Yes! It's fixed!!」と愛想のいい笑顔で自慢げに答えた。費用は一旦払っておくようにRobynに言われていたので請求された$40を払った。
ところが夕方さっそく洗濯をしてみると、相変わらず延々と脱水し続ける。
なに~!まぁ、こちらは何かとでたらめなことが多いと聞いていたが、さっそくそういう場面に出くわしたか・・・。
Robynが確認の電話をかけてきたので、事情を話すと「スケジュールに$10、来るのに$10、来て修理に使った時間と労力に$20と考えたらそんなもんでしょう」と笑っていた。まぁ、金を払ってくれるのは教育省だからいいけど、日本だったら「とんでもない!金返せ!」って苦情を言うところだろうに・・・
結局、洗濯機は直らずジマイです。。。△△△

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

大ゴミから赤い椅子をGet

先週の日曜日はイースターだったので、今日が初めての普通の日曜日です。
特に予定もなかったので、Junと一日ゆっくり過ごしました。思いっきり寝坊して、10時過ぎに起き、ブランチを食べて、午後は庭掃除などしました。
日曜日は、5年くらい前まではお店もほとんど閉まっていたそうです。8年前に派遣で来ていた先生に日曜日は店が開いていないと教えられ、昨日Chrisに言うとそれは昔のことだと笑われてしまいました。
今はほとんどのスーパーが開いているらしいけれど、それでも朝11時から夕方5時まで、と短い時間です。家の近所も、一日休日らしい静かな雰囲気でした。
最近の日本は年がら年中店も開いてて便利だけれど、お正月すらあの子供の頃のお正月特有の雰囲気がなくなってしまって、なんだか味気ないなぁ・・・と思いました。
3時過ぎから、Burnside Village まで買物に行きました。スーパーやいろいろな個人店、銀行や郵便局もあるショッピングセンターで、Junとゆっくり歩いて15分くらいの場所にあり、とても便利です。スーパーで食料品の買出しをして帰りました。
2~3日前から、家の近所では道端に大ゴミが放り出してあります。何でも年に一度の回収日が近いそうです。こちらでは大ゴミ用の特定の回収場所はなく、みんな家の前の通りに面した芝生の上に放り出しておけば回収トラックがもって行ってくれるそうです。
こちらに来てから間に合わせの家財道具で過ごしているので、買物の帰り道、何か使えそうなものはないかなぁ・・・と物色しながら帰りました。こちらの人はガレージセールをよく開くと聞いたことがあるからそれで売るのか、使えそうなものは誰かがすぐに拾って行ってしまうのかは分からないけれど、ろくなものはありませんでした。昨日まで家の中にあったのが信じられないというぐらいボロボロのソファやベッドや家電製品ばかりが捨ててありました。
「この椅子Junちゃんがベランダで洗濯物干し手伝ってくれるのにいいやん。」
「おかあさん、その椅子あかんで、脚が一本ないやん。」
他のゴミでうまくバランスを取って置いてあった椅子は脚が一本折れてました・・・。
・・・と次の瞬間「おかあさん!いい椅子があったよ!!こっち、こっち!」 
見に行くと、きれいな赤い椅子。プラスチック製でベランダに置くのにちょうどよさそう。 Redchair_1
こんな使えそうなものを捨てる人もいるんだ!
さっそくもらって帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

Glenelg

先日、勤務校の語学コーディネーターのChrisが挨拶に来てくれたとき、次の土曜日にどこかに連れて行ってくれるという約束だった。今日がその土曜日。Photo_37
朝10時過ぎに迎えに来てくれた。車で町を少し走りながら説明してくれ、Chrisが出たという大学の裏の川岸で車を止めてすばらしい眺めの川岸を散歩した。野鳥や水鳥もたくさんいて本当にいい場所だ。家族でピクニックに来ても楽しいだろうな・・・Chrisjun

そのあと海へ行こうと言って、Glenelgへ連れて行ってくれた。
あっ、この前Mieちゃんに連れてきてもらった海岸だ。でもあの時は1日大きなショッピングセンターで必死で買物をした後の夕刻で疲れていたしすぐに帰ったので、今日はゆっくり海を眺 めて楽しもう!Starfish_1
気持ちのいい潮風に吹かれながら海面を眺めていると、時々イルカが波間をジャンプするのが見られた。砂浜では見知らぬお姉さんがきれいな紫色のヒトデをJunにくれた。

昼食は、Chrisに「マクドナルドとトラディショナルなフィッシュ&チップスのどっちがいい?」と尋ねられ、まよわず「Fish&chips!」と答えた。
実は、昔雑誌のイギリス紀行文でフィッシュ&チップスのおいしさが書かれた文を読んで以来のあこがれだったが、今まで一度も食べるチャンスがなかったのだ。
食べてみると、何のことはない白身魚のフライとどっさりのフライドポテト。
とりたてて珍しいものでもなかったが、ベンチに腰掛けて海を眺めながら食べると不思議に美味しい!!
きっと紀行文の著者もこんなふうに潮風に吹かれながら食べたんだろうね。
そばに来たカモメにポテトを投げてやるとどんどん群がってきた。Junも大喜び。
たくさん友達ができたね~とみんなで笑った。

午後はChrisの家に連れて行ってもらった。
Junのために4歳と7歳の息子のいる友人も呼んでくれた。
大人はafternoon tea でくつろぎ、子供は子供で遊んで過ごした。
Junは、こちらへ来て同年代の子供と遊ぶのは初めてで、最初は緊張気味だったけれどすぐにうちとけて、追いかけっこなどしながら大はしゃぎ!
子供には言葉の壁などないみたいですね。

今日はChrisのもてなしで、また楽しい一日を過ごすことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

恐竜マグネット

夫の保険証をうっかりハンドバッグに入れたまま持ってきてしまった。
至急送り返さなければ・・・で、昨日Maryに郵便局まで連れて行ってもらった。
郵便局のカウンターのそばで、Junが恐竜のおもちゃが売られているのを発見。
石膏を型に流し入れて磁石をのせ、固まってから色付けをする、というなかなかCreativeなものだ。$9ほどしたが、くだらないおもちゃが多い中、まぁこれならいいかな・・・Junには少し難しそうだけど手伝ってやって一緒に作るのも楽しそうだし・・・と思い、買ってやった。

今日は、こちらに来て初めて誰とも会う約束がなかったので、どこへも出かけず一日Junと家でゆっくり過ごした。さっそく昨日買った恐竜マグネットを作ってみた。
石膏を溶いて型に入れる作業や細かい色づけは難しくてほとんど私がやったのだが、Junも全体の色を塗って「自分で作った」とご機嫌だ。Frige magnet と書いてあったので冷蔵庫につけるものだと教えてやるとさっそくいろいろなつけ方をして遊んでいた。Magnet_2
こういうおもちゃなら、少しくらい高くても大歓迎だな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

勤務校

昨日に引き続き、今日もMaryが付き合ってくれました。
今年一年勤めることになっているMarryatville高校を一度見に行きましょう、ということで連れて行ってくれました。
Marryatvillehs

 今日は写真を撮らなかったので、HPから写真を拝借・・・
                   →Marryatville High School HP

今日、初めて自分の勤務校を訪れた印象は「なんてきれいな学校!」 
校舎はしゃれた茶色い建物で、前のグラウンドは緑の芝生に覆われていて、見渡す限りの広い敷地内のあらゆるところに大きなユーカリの木があって・・・うまく表現できないけれど日本の学校とはかなり印象が違って、全体の景観の美しさにはため息が出るほどでした。
これから一年間この学校に毎日通うんだなぁ・・・と少し嬉しくなりました。

玄関前の花壇にローズマリーが生い茂っていたので、少しもらって帰りました。Rosemary
家の庭に植えようと思います。
でも再来週から、毎日いくらでも学校でもらえるね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧